ランニング計測アプリ「adidas Running」様々なスポーツ・競技に対応

6i9poppa BLOGトレーニング

ランニングする方には定番アプリ「adidas Running」(アディダス ランニング)

Runtastic(ランタスティック)時代から何度かブログでも紹介してきましたが、アプリ名からの思い込みでランニングだけしか計測できないと思っていました。

 

私は自転車(ピスト)にもよく乗るので、ピスト時には「Strava」を利用していましたが、よくよく調べてみると「adidas Running」でも自転車での計測も対応しているじゃないですか!

 

今回は、『ラン』と『サイクリング』でアプリを切り替える必要なく、あらゆるスポーツ・競技の計測に対応している「adidas Running」での設定方法を紹介します。

 

ランニング計測アプリ「adidas Running」様々なスポーツ・競技に対応

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Runtastic時代から「adidas Running」に至るまで

これまでの「adidas Running」に至るまでの経緯をご紹介!

Runtastic買収「adidas」ブランドが本格的にアプリ投入!Nike+に対抗!

Runtastic買収「adidas」ブランドが本格的にアプリ投入!Nike+に対抗!
adidasが「Runtastic」を2015年8月に買収してからアプリにも「adidas」ブランドが全面的にでてきましたねー。 ここ数年でウェアラブル端末をつけてフィットネスアプリで健康管理をしている人が世界的にも増加しており、スポーツメーカーがこの分野に注力していることへの危機感もあったのだろう。 Runtasticから「adidas」ブランドになってもより良くなってくれるんだったらよいです。あとは自分自身に負けずに継続あるのみ!

adidas Running(Runtastic)対応のウェアラブル端末・デバイス一覧

adidas Running(Runtastic)対応のウェアラブル端末・デバイス一覧
「Runtastic」から「adidas Running」へなって、対応しているウェアラブル端末・デバイスはどういったものがあるのか。 デバイスとアプリが連携することで日々のトレーニングのログが自動でとれるのが嬉しいですね。 トレーニングのモチベーションにもなるので、今ではなくてはならなくなっています。 adidas Running対応デバイスは3種、Apple Watchはもちろん、POLAR・GARMINにも対応!

「adidas Runtastic」だと週1回のフィットネスレポートでモチベーションキープ!

「adidas Runtastic」だと週1回のフィットネスレポートでモチベーションキープ!
adidasがRuntasticを買収してから数年経過しましたが、「adidas Running」と「adidas Training」を総じて「adidas Runtastic」へと名称変更され、サービス内容も充実してきました。この週1回のフィットネスレポートもその一つ。 フィットネスにおけるモチベーションキープ・アップに役立つ機能を使わない手はない!

ついに“Runtastic”終了!「adidas Running・Training」へ統一されることに

ついに“Runtastic”終了!「adidas Running・Training」へ統一されることに
ついにこの日が来てしまいました。 これまで何度か紹介していたトレーニングアプリ「Runtastic」シリーズの提供終了が発表されました。 昨今のトレーニングブーム前から長年に渡り提供されていた「Runtastic」シリーズ。 シンプルかつ使い勝手が良かったので、私は2014年から利用してきました。

 

「adidas Running」はあらゆるスポーツ・競技の計測が可能

現在、90種目もの計測可能種目(=アクティビティのタイプ)があります。

※2021年6月4日(金)時点

 

  1. eスポーツ
  2. アイススケート
  3. アイスホッケー
  4. アメフト
  5. インラインスケート
  6. ヴィア・フェラータ
  7. ウィンドサーフィン
  8. ウェイクボード
  9. ウェイトリフティング
  10. ウォーキング
  11. エアロビクス
  12. エリプティカル
  13. カーリング
  14. カイトサーフィン
  15. カイトスキー
  16. カヤック
  17. カリステニクス
  18. キックスケーター
  19. クリケット
  20. クロスカントリースキー
  21. クロススケート
  22. クロスフィット
  23. ゴルフ
  24. サーフィン
  25. サスペンショントレーニング
  26. サッカー
  27. スイミング
  28. スカイダイビング
  29. スカッシュ
  30. スキー
  31. スケートボード
  32. スタンドアップパドル
  33. ステアクライミング
  34. ストレッチ
  35. スノーシュー
  36. スノーボード
  37. スピードスキー
  38. スピニング
  39. スレッディング
  40. ズンバ
  41. セーリング
  42. その他
  43. ダイビング
  44. タバタ式トレーニング
  45. ダンス
  46. チアリーディング
  47. テニス
  48. トラック&フィールド
  49. トランポリン
  50. トレイルランニング
  51. なわとび
  52. ノルディックウォーキング
  53. バイアスロン
  54. ハイキング
  55. バスケットボール
  56. パデル
  57. バドミントン
  58. パラグライディング
  59. バレーボール
  60. パワーリフティング
  61. ハンドバイク
  62. ハンドボール
  63. ビーチバレー
  64. ピラテス
  65. フィールドホッケー
  66. フェンシング
  67. フリスビー
  68. プロッギング
  69. ポールスポーツ
  70. ボクシング
  71. ボルダリング
  72. マウンテンバイク
  73. メディテーション
  74. モーターバイク
  75. ヨガ
  76. ラグビー
  77. ラクロス
  78. ランニング(トレッドミル)
  79. ローイング
  80. ローイングマシン
  81. ロッククライミング
  82. 格闘技
  83. 筋力トレーニング
  84. 山スキー
  85. 自重トレーニング
  86. 車いす
  87. 乗馬
  88. 体操
  89. 卓球
  90. 野球

 

運動前に計測したい種目に切り替えるだけでOK

設定方法は簡単で、スポーツ・競技をする前に「設定」から種目を変更するだけ。

 

まずは「adidas Running」アプリの「設定」(歯車マーク)をタップ。

「アクティビティ設定」から「アクティビティのタイプ」をタップして変更しましょう。

6i9poppa BLOG

 

「アクティビティのタイプ」でアクティビティを検索することが可能です。

また、最近行った種目を上部に表示してくれているので、よく利用する種目は次回から選択しやすいですね。

6i9poppa BLOG

「アクティビティのタイプ」を選択すれば、あとは運動するだけ!

 

色々な競技・スポーツ・運動・アクティビティを1つのアプリで管理できるのは嬉しいですね。

当然、iPhone(Apple関連)・MyFitnessPalへの連携も可能です。

myfitnesspal(マイフィットネスパル)で徹底した食事・運動の管理をする

myfitnesspal(マイフィットネスパル)で徹底した食事・運動の管理をする
Runtastic(ランタスティック)・Appleヘルスケアとの連携も可能。自己管理のお手伝いアプリ。運動だけでなく、食事・カロリーの管理もしたい方には最適です。

 

おすすめ「ランニング」グッズ

走りの邪魔にならない体に密着するバッグ「SPIBELT」(スパイベルト)ランニング時に携帯電話・鍵が持てる!

走りの邪魔にならない体に密着するバッグ「SPIBELT」(スパイベルト)ランニング時に携帯電話・鍵が持てる!
ランニング再開しました!早速、ランニング時に腕に付けていたiPhone入れを新調することに。 アームバンド系は走りずらかったので、今回は腰にまくタイプに変更! 音楽聴きながら、Runtasticアプリで管理しているのでiPhoneを持って走るのが必須。 また家の鍵を持つ必要があったのですが、アームバンド系は難しかった。 「SPIBELT」(スパイベルト)は、コンパクトだし体に密着するバッグなので走りの邪魔になりません。

安いのに高品質なランニング用バッグ「FIFTY STORMS」は初心者ランナーにオススメ

安いのに高品質なランニング用バッグ「FIFTY STORMS」は初心者ランナーにオススメ
嫁さんがランニングという名のウォーキングを始めたということで、自分用の「SPIBELT」(スパイベルト)を貸そうと思いましたが、ベルトの長さを毎度調整するのは面倒・いつまでランニングを続けるかわからないということで、新たに探し始めた「ランニング用バック・ポーチ」を選ぶ基準は「安い・レビュー数が多い・レビュー評価が高い」で買ったけど意外と高品質の商品が多かった!

 

おすすめ「筋トレ」グッズ

自宅トレーニングにオススメ「どこでもマッチョ」ドア枠にかける懸垂器具

自宅トレーニングにオススメ「どこでもマッチョ」ドア枠にかける懸垂器具
これまで懸垂運動(プルアップ)したいけど良い商品がなかったんですよね。ぶら下がり健康器みたいなのが主流なので場所をとるんです。 やっと見つけました!ドア枠にひっかけるだけの「どこでもマッチョ」は設置簡単・耐久性高いのでオススメです。

自宅トレ・ヨガ・筋トレには厚めの「ヨガマット・マットレス」がオススメ

自宅トレ・ヨガ・筋トレには厚めの「ヨガマット・マットレス」がオススメ
トレーニングをしていると、体を支えたりよく動かしたりと関節に負担がかかってしまいます。トレーニング道具の重要性は、私自身トレーニングをはじめた当初は全く気付かずに、ずいぶん時間が経過してから非常に後悔した覚えがあります。なにも高価なものを揃えるということではなく、自分に合ったものを理解した上で商品を選ぶことが重要ですね。

ウエイトトレーニング・腕立てをする際の手首の保護には「リストラップ」

ウエイトトレーニング・腕立てをする際の手首の保護には「リストラップ」
以前、手首を痛めてしまい数日運動ができない・強度を抑える必要があったりと苦労したことがありました。身体を鍛えるために運動しているのに痛めてしまっては本末転倒ですね。そんな時に探していたのが、手首を保護し運動のサポートとなる「リストラップ」です。これでケガ防止・痛みを抑えつつ運動できたら安いものですね。オススメですよ!

PUSH UP(腕立て)は可動域を広く深くしないと意味がない

PUSH UP(腕立て)は可動域を広く深くしないと意味がない
腕立て等の自重トレーニングでは、回数を求めがちになってしまいます。ついつい、動作を早く・浅く・高レップで腕立てを行い、息があがることで「やった」感・充実感を味わって満足して終わることが多い。「プッシュアップバー」を使って、ゆっくり・深く・低レップで腕立てすることを常に意識してください。

腹筋をバキバキに鍛える!正しい腹筋ローラー(アブローラー)の選び方

腹筋をバキバキに鍛える!正しい腹筋ローラー(アブローラー)の選び方
これまで筋力トレーニングのアイテム・アプリ等を紹介してきましたが、今回は腹筋をバキバキに鍛えることができる「腹筋ローラー」(アブローラー)を紹介します。あくまで私目線での選定基準ですが、正しい腹筋ローラー(アブローラー)の選び方“5点”を紹介しますので、購入時の参考にしてください。

体幹を鍛えるにはダンベルより「ケトルベル」Amazonベーシックは高品質で安い!

体幹を鍛えるにはダンベルより「ケトルベル」Amazonベーシックは高品質で安い!
体幹を鍛えるにはプランクなどの自重でのトレーニングが中心となりますが、慣れてくるともっと負荷が欲しい・マンネリもあり器具を使ったトレーニングをしたくなりますよね。 その時にオススメなのが、体幹だけでなく全身をまんべんなく鍛えられる「ケトルベル」(kettlebell) Amazon basics(アマゾン ベーシック)の「ケトルベル」だと安価・高品質なのに送料無料ですよ!

自重トレーニングをマンツーマンサポート「Runtastic」(ランタスティック)

自重トレーニングをマンツーマンサポート「Runtastic」(ランタスティック)
強制的に自分自身を奮い立たせる素晴らしいアプリ「Runtastic」 今や私の個人トレーナー・トレーニングパートナー化しています。

myfitnesspal(マイフィットネスパル)で徹底した食事・運動の管理をする

myfitnesspal(マイフィットネスパル)で徹底した食事・運動の管理をする
Runtastic(ランタスティック)・Appleヘルスケアとの連携も可能。自己管理のお手伝いアプリ。運動だけでなく、食事・カロリーの管理もしたい方には最適です。

 

おすすめ「メンテナンス・ストレッチ・マッサージ」グッズ

ストレッチポール・筋膜リリースならRumble Roller(ランブルローラー)

ストレッチポール・筋膜リリースならRumble Roller(ランブルローラー)
マッサージ行くならRumble Roller(ランブルローラー)を検討してください。数年利用している私自身の効果は、コリ・ハリがなくなる、可動域・柔軟性の向上、筋肉痛の緩和、短時間の利用だけよい、マッサージ店、鍼灸院に行く必要がなくなりましたよ。

深層部まで効くBeastieBall(ビースティボール)マッサージボールの最上級版

深層部まで効くBeastieBall(ビースティボール)マッサージボールの最上級版
以前ご紹介した「Rumble Roller(ランブルローラー)」シリーズから今回はマッサージボール版「BeastieBall」(ビースティボール)をご紹介します。見た目通り、ゴツゴツとした突起がポイントよく刺激し深層筋のほぐしてくれます。これを使いだしたことで、効率良く短時間で身体が楽になりましたし、購入後にマッサージへ行くこともなりましたよ。オススメです!

コンパクトで持ち運びに便利な「マッサージボール・ストレッチボール」は携帯できる体メンテナンス器具!

コンパクトで持ち運びに便利な「マッサージボール・ストレッチボール」は携帯できる体メンテナンス器具!
これまでに「筋トレ器具」・「体メンテナンス器具」・「ケガ防止器具」を紹介してきましたが、すべて自身で実際に使って運動・筋トレするにあたり必須アイテムとなってきたものばかりですが、それに勝るとも劣らないアイテムを見つけました!「マッサージボール」・「ストレッチボール」と呼ばれる形状がボール2つ繋がったものがオススメです。特に、首・肩・背中部分はコレでほぐすと調子良いですよー!

マッサージ機は日本製オムロンがオススメ「クッションマッサージャ」は安価で優秀だった

マッサージ機は日本製オムロンがオススメ「クッションマッサージャ」は安価で優秀だった
近年、年齢・性別関係なく心身ともにリフレッシュでき、見た目も良くなる筋トレ・ランニングなどのトレーニングが盛んに行われていますね。 そんな私も毎日楽しくトレーニングを行っていますが、体を鍛えた後はリカバリー・ケアも必要で、怠ればケガ・故障の原因になります。 私がオススメしているリカバリー・ケア用品の最高峰は、以前にもご紹介した「ランブルローラー」と「ビースティボール」ですが、これらは自ら身体を動かしてほぐすタイプですね。 今回紹介するのは、上記商品とは全く使用方法が異なりますが「自動かつピンポイントにほぐす」タイプの商品、オムロン「クッションマッサージャ」です。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました