子供には読書が一番「Kindle キッズモデル」本を読む大切さは社会にでて初めて気付く!

大人になってから読書の楽しさに気づいた私ですが、もっと小さい頃から本を読んでいればと思います。本を読む習慣があることで勉強への抵抗がなくなると共に、私自身感じたのは一般知識(言葉・単語の意味含め)やボキャブラリー・言い回し、会話の仕方、伝わりやすい話し方が自然と身につくことで、社会人になった時に非常に役立つということ。 そのためにも子供向けの本(1,000冊以上)が1年間読み放題「Kindleキッズモデル」で読書しておきましょう。

Kindleアップグレード15%OFFキャンペーン実施中!増税前最後の「タイムセール祭り」も!

Amazon Kindleを購入してもう何年も愛用しています。 毎日の通勤時に使用しているので、デバイス本体もそうですが、動作的にも遅くてiPhoneのKindleアプリを使ってしまうこともしばしば。 そんな時にタイミングよくKindleアップグレード15%OFFキャンペーン実施中とのこと!お見逃しなく! ちなみに、今週はAmazon「タイムセール祭り」が開催されますよ!増税前、最後のビッグセール!

愛犬との別れが辛いなら泣けばいい「走ろうぜ、マージ/馳星周」

私も過去に経験がありますが、愛犬との別れは本当に辛いですよね。そんな時にこの「走ろうぜ、マージ/馳星周」で泣けばいいんです。辛いなら泣けばいいんです。馳星周さんはハードボイルド作品のイメージが強いですが、愛犬家なので犬関連の作品が意外に多い。どれも名作です。オススメです。

名作ソウルメイトの続編版「陽だまりの天使たち ソウルメイト2/馳星周」

名作「ソウルメイト」の続編「陽だまりの天使たち ソウルメイト2/馳星周」も最高です。過去・未来をみるのではなく、今目の前にあるものをみて、今をいきよう。わかっているつもりだけど、過去の経験から怖気づいたり、未来を想像で判断する・諦めるのではなく、現在、目の前にあるものをみて、今を大切に生きよう。と改めて学びましたし、なにか元気をもらいました。

犬好きだけでなく現在・未来に悩める子供へ贈りたい本「雨降る森の犬/馳星周」

読み終えた感想としては、犬好きだけでなく現在・未来に悩める子供へ贈りたいと思いました。私自身、子供に対しての接し方も考えさせられましたし、子供にも是非読んでもらいたい本だなと。何も考えずに今を一生懸命に生きる。過去も未来も考えずに現在目の前にあるものに対し、その瞬間瞬間に一生懸命立ち向かう。改めて、そう感じることができた作品でした。

ペットを飼おうとしている人・愛犬家は必読すべき「ソウルメイト/馳星周」

ソウルメイト=魂の伴侶。■過去・現在でも愛犬とともに過ごした経験がある方 ■これから犬を飼おうと思っている方 ■愛犬に対して冷たくあしらったりした経験がある方 是非一度、「ソウルメイト/馳星周」を読んでください。
タイトルとURLをコピーしました