NISA

NISA

NISA(ニーサ)とつみたてNISAの違いを簡単に知ろう!投資の基本を学ぶ!

今日の「投資の基本を学ぶ!」は、NISA(ニーサ)とつみたてNISAの違いを知ろうと題して学んでいきましょう。現在では国も「投資で得た利益に税金を課さないので積極的に投資運用してみない?」といったNISA(少額投資非課税制度)を積極的に薦めています。そこでNISA(ニーサ)とはよく聞くが、NISAとつみたてNISAの違いを簡単にまとめてみました。
NISA

つみたてNISA(ニーサ)をはじめてみよう!オススメの銘柄はどれ?

大型連休は新しいことを始めるきっかけにもなります!2019年のゴールデンウィーク(GW)はつみたてNISA(ニーサ)をはじめてみよう!「つみたてNISA」の口座数は100万口座を突破。買付額は927億4,654万円となりました。楽天ポイントを利用できる楽天証券を例に、手軽に始める「つみたてNISA」をオススメ銘柄とあわせてご紹介しています。
NISA

楽天証券の毎日投資で楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ・楽天ポイントゲットする方法

楽天証券のつみたてNISAで投資を開始していますが、楽天証券だと投資への障壁がとても低くて良いですね!楽天ポイントを利用して100円から投資スタートできるので、非常に手軽・簡単に投資を行うことができます。私のように楽天証券で少額でも毎日つみたて投資、銀行引き落とし先を楽天銀行にして「楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ」・「楽天ポイント獲得」でお得に投資をしましょう!
NISA

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)をはじめる時の注意点

ここ最近、つみたてNISA(積立NISA)・iDeCoが特に騒がれていますが、つみたてNISA(積立NISA)は運用利益が20年間非課税なので、せっかくなので使いたいですね!まずは、自分で体験しないとわからないですし、はじまらないです。つみたてNISA(積立NISA)をされる方へ注意点をお教えします。
タイトルとURLをコピーしました