アプリ

トレーニング

ランニング計測アプリ「adidas Running」様々なスポーツ・競技に対応

ランニングする方には定番アプリ「adidas Running」(アディダス ランニング) Runtastic(ランタスティック)時代から何度かブログでも紹介してきましたが、アプリ名からの思い込みでランニングだけしか計測できないと思っていましたが、よくよく調べてみると「adidas Running」でも自転車での計測も対応しているじゃないですか! 今回は、『ラン』と『サイクリング』でアプリを切り替える必要なく、あらゆるスポーツ・競技の計測に対応している「adidas Running」での設定方法を紹介します。
アプリ

ついに“Runtastic”終了!「adidas Running・Training」へ統一されることに

ついにこの日が来てしまいました。 これまで何度か紹介していたトレーニングアプリ「Runtastic」シリーズの提供終了が発表されました。 昨今のトレーニングブーム前から長年に渡り提供されていた「Runtastic」シリーズ。 シンプルかつ使い勝手が良かったので、私は2014年から利用してきました。
アプリ

「adidas Runtastic」だと週1回のフィットネスレポートでモチベーションキープ!

adidasがRuntasticを買収してから数年経過しましたが、「adidas Running」と「adidas Training」を総じて「adidas Runtastic」へと名称変更され、サービス内容も充実してきました。この週1回のフィットネスレポートもその一つ。 フィットネスにおけるモチベーションキープ・アップに役立つ機能を使わない手はない!
アプリ

adidas Running(Runtastic)対応のウェアラブル端末・デバイス一覧

「Runtastic」から「adidas Running」へなって、対応しているウェアラブル端末・デバイスはどういったものがあるのか。 デバイスとアプリが連携することで日々のトレーニングのログが自動でとれるのが嬉しいですね。 トレーニングのモチベーションにもなるので、今ではなくてはならなくなっています。 adidas Running対応デバイスは3種、Apple Watchはもちろん、POLAR・GARMINにも対応!
アプリ

Runtastic買収「adidas」ブランドが本格的にアプリ投入!Nike+に対抗!

adidasが「Runtastic」を2015年8月に買収してからアプリにも「adidas」ブランドが全面的にでてきましたねー。 ここ数年でウェアラブル端末をつけてフィットネスアプリで健康管理をしている人が世界的にも増加しており、スポーツメーカーがこの分野に注力していることへの危機感もあったのだろう。 Runtasticから「adidas」ブランドになってもより良くなってくれるんだったらよいです。あとは自分自身に負けずに継続あるのみ!
アプリ

ランニングアプリRuntastic PRO終了したけどRuntastic(無料版)で継続利用が可能!

最近になり走りだして慣れるまではしんどかったですが、最近は慣れもあってか距離をのばし時間を縮めることがすごく楽しみになってきました。 平日でもある程度帰宅が早いと、何とか走れないか調整したりと楽しみながら走れています。 その中で事件が起きました! ランニングアプリでも昔から利用していて、非常に使いやすかった「Runtastic PRO」(ランタスティック)が終了となる発表されました。
アプリ

myfitnesspal(マイフィットネスパル)で徹底した食事・運動の管理をする

Runtastic(ランタスティック)・Appleヘルスケアとの連携も可能。自己管理のお手伝いアプリ。運動だけでなく、食事・カロリーの管理もしたい方には最適です。
アプリ

自重トレーニングをマンツーマンサポート「Runtastic」(ランタスティック)

強制的に自分自身を奮い立たせる素晴らしいアプリ「Runtastic」 今や私の個人トレーナー・トレーニングパートナー化しています。
タイトルとURLをコピーしました