投資

週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年10月25日

今週もお疲れ様でした。 来週にはFOMC(米連邦公開市場委員会)や日銀金融政策決定会合が控えていることもあり、ペンス米副大統領の対中関連の演説もありましたが、中国への警戒もありつつ市場は落ち着いたものでした。 それより企業決算からの影響の方がでている状況のようですね。 では2019年10月25日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年10月18日

2019年10月18日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。 先週比:+2.65%(+4,772円)と大幅増。やっと6%台へと戻ってきましたね! 今週は、米中貿易戦争が長期化している中で中国国内の需要も冷え込んでいくことで世界経済に悪影響がでてくるのではないかと懸念が米市場だけでなく他国にも広がりをみせている状況。 個人的にはG20でも話題の仮想通貨「リブラ」関連が気になる!
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年10月11日

これまで週次レポートとして公開してきましたが、レポートのわりに大変見難かったので、今後は簡潔・シンプルに「WealthNavi」(ウェルスナビ)の運用実績をお伝えするようにします! 米国株式市場では、10月14日のコロンブスデー(祝日)を含む3連休前ということもあり、良いトピックがあればと思いましたが閣僚級による米中貿易交渉が実施されるとのこと。トランプ米大統領と中国の劉鶴副首相が会談するとツイートされたことで米中貿易交渉の進展への期待が広がったようです。
iDeCo

「企業型」・「個人型(iDeCo)」確定拠出年金は併用可能か?

私が勤めている会社は「企業型」確定拠出年金を導入しているのですが、これまで知っているようで知らなかった「確定拠出年金」について改めて調べてみました。 前提として、私が知りたかったのは下記2点 ■「企業型」・「個人型(iDeCo)」の確定拠出年金が併用できるのか ■併用できるとしたら「マッチング拠出」か「個人型(iDeCo)」どちらがお得か これを知るためには、まずは基本的なところから勉強する必要があります。

大手ネット証券会社で初!楽天スーパーポイントで国内株式が購入できる!

なんだかんだ言って楽天経済圏で生きている私。当然、投資も楽天ポイントを利用できる「楽天証券」を利用しています。 「楽天証券」でNISAを利用しているので、楽天スーパーポイントで自動的に積み立てします。 そんな「楽天証券」での楽天スーパーポイント投資が国内株式(現物取引)にも2019年10月28日(月)から対応します! 稼いだお金をいきなり投資して損するのがコワイという方、まずはポイント投資で試してみるのも良いですね!
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年10月4日

10月2日発表のADP雇用統計が弱く、今日の雇用統計発表も非農業部門雇用者数が市場予想を下回る可能性がある。 しかし、雇用統計が弱い結果であったとしても年内残り2回の利下げ検討機会でどうなるか。 米国経済への先行き不安感が強まっている中、来週開催される米中通商協議への注目は自然と高まっていくのではないでしょうか。 では、2019年10月4日のWealthNavi(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
月次レポート

【月次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年9月

トランプ政権が発した ■中国企業の米株式市場での上場廃止 ■政府年金基金を通じた中国市場への投資制限 などが検討していると報じられたことで米・中関係の悪化が懸念されています。 しかし、米財務省がその報道を否定し、大統領補佐官も「報道内容の半分以上が不正確」と発言したりと一旦落ち着いているようだ。 そんな中の2019年9月のWealthNavi(ウェルスナビ)の月次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年9月27日

2019年9月27日のWealthNavi(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。 先週と比べて-1.25%(-2,133円)と減少しています。ここ数日好調だった分、反発もでたのでしょうか。 「米政権が中国企業を米株式市場から排除することも検討」と報道もあるように、報道の度に市場も振り回されていますね。 トランプによる揺さぶりでしょうが、そろそろ貿易戦争を休戦して欲しいものです。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年9月20日

今週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀金融政策決定会合が実施されましたが、今後に関して不透明な部分が多く市場としても様子見な状況となっている様子。 また、米中協議が難航していることもあり、マイナスに転じていることも様子見状況に拍車をかけているのではないでしょうか。 順調に伸びていましたがマイナスに転じています。 では、2019年9月20日のWealthNavi(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年9月13日

ここ数日、米中貿易協議が進展しそうな気配が強くなってきたことに対する期待もあって、市場に好影響がおよんでいる。 NYダウもここ数日の高騰は嬉しい限りですね。 トランプ大統領の発言でも、中国との暫定的な通商合意を検討する可能性もあるようなことも言っており、米中貿易協議の進展がさらに期待できますね。 では、2019年9月13日のWealthNavi(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
WealthNavi

サービス開始3年1ヶ月経過「WealthNavi」預かり資産1700億円・申込件数23万口座を突破!

相変わらず「WealthNavi」(ウェルスナビ)は調子が良いようで、預かり資産も短期間で増加しています。 サービス開始から、たった3年1ヶ月で預かり資産1700億円・申込件数23万口座を突破! 少額からはじめることができますし、長期・積み立て・分散投資したい方には「WealthNavi」オススメですね!
投資

米雇用統計を代表する重要な経済指標「NFP」(米国非農業部門雇用者数)投資の基本を学ぶ!

毎月発表される経済指標のうち「米雇用統計」は、FRB(連邦準備制度理事会)が金融政策を決める上でも非常に重要視されています。 その中でもNFP(Non Farm Payroll)、つまり米国非農業部門雇用者数は「米雇用統計」の中でも重要な項目の一つと言われています。 今日は「NFP」(米国非農業部門雇用者数)とは何かを理解しましょう。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年9月6日

ここ数ヶ月間ずっと世界のリスクであった下記問題ですが、 米中貿易摩擦・香港逃亡犯条例改正案からのデモ・英国の欧州離脱問題 ここへきて、それぞれ改善に向け(問題を先延ばしにしてる感は否めないが)動きがあり、それに伴い市場も安定してきている印象。 では、2019年9月6日のWealthNavi(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
月次レポート

【月次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年8月

2019年8月は大きく落としましたねー。 しかも上下激しい市場だったので落ち着かない一ヶ月でした。 2019年夏もそろそろ終わりですが、米市場は週明け9月2日がレーバーデー(労働者の日)で休場。 3連休中には対中国「第4弾」制裁関税の発動が予定されていることもあり、利益確定やポジション調整もあってか落ち着かない月末となりました。 では、2019年8月のWealthNavi(ウェルスナビ)の月次運用実績レポートを公開します。
タイトルとURLをコピーしました