雇用統計の先行指標となるADP雇用統計とは何か?投資の基本を学ぶ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG投資

前回、アメリカの景気が全世界の経済に影響を与えるため、米国雇用統計が毎月注目されている。として、

市場にも大きく影響する「米国雇用統計」とは何か?投資の基本を学ぶ!

市場にも大きく影響する「米国雇用統計」とは何か?投資の基本を学ぶ!
市場にも大きく影響する「雇用統計」今回は、自身の備忘録としても「雇用統計」に関してまとめておきます。結論から言うと投資されている方は、アメリカの雇用統計により注目する必要がありますね。私のようにアメリカ経済に関連する投資信託を運用している場合は特に注視する必要があります!詳細はコチラをご確認ください。

を書きましたが、米労働省労働統計局(BLS)がアメリカの労働者雇用状況を調査した指標「米国雇用統計」の2営業日前に発表される「ADP雇用統計」を学びます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ADP雇用統計」とは

ADP雇用統計は、米国の大手給与計算などの人事関連業務のアウトソーシング会社のADP=オートマチック・データ・プロセッシング(Automatic Data Processing, Inc.)社が発表する雇用調査レポートです。

こちらの50万社・2300万人以上の給与計算データを元にしたADPデータから全米非農業部門雇用者数の予測をするために開発された統計として2006年5月から公表されだしました。

 

しかし、「ADP雇用統計」は2006年5月開始と歴史が浅く、集計方法も変更されることがあるため、米雇用統計と雇用者数などの数値と乖離がある場合も多いので参考値として確認されている。

 

「ADP雇用統計」の発表時期

米雇用統計が発表される2営業日前に発表されます。

そのため、米雇用統計の先行指標として注目度が高いのが「ASP雇用統計」となる。

※米雇用統計の二日前の水曜日に発表。(祝日等の場合は前日の木曜日)

 

アメリカ ADP雇用者数のデータ

下記、ADP雇用者数の過去データにもあるように、雇用者数が市場予想を上回った場合に雇用状況が良いと判断し市場も好感。

雇用者数が市場予想を下回った場合に雇用状況が悪いと判断し市場に懸念が生ずる。

 

■ADP雇用者数の過去データ

6i9poppa BLOG

このように雇用統計でも様々なデータから市場は影響されていることがわかります。

 

関連記事

つみたてNISA(ニーサ)をはじめてみよう!オススメの銘柄はどれ?

つみたてNISA(ニーサ)をはじめてみよう!オススメの銘柄はどれ?
大型連休は新しいことを始めるきっかけにもなります!2019年のゴールデンウィーク(GW)はつみたてNISA(ニーサ)をはじめてみよう!「つみたてNISA」の口座数は100万口座を突破。買付額は927億4,654万円となりました。楽天ポイントを利用できる楽天証券を例に、手軽に始める「つみたてNISA」をオススメ銘柄とあわせてご紹介しています。

 

楽天証券の毎日投資で楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ・楽天ポイントゲットする方法

楽天証券の毎日投資で楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ・楽天ポイントゲットする方法
楽天証券のつみたてNISAで投資を開始していますが、楽天証券だと投資への障壁がとても低くて良いですね!楽天ポイントを利用して100円から投資スタートできるので、非常に手軽・簡単に投資を行うことができます。私のように楽天証券で少額でも毎日つみたて投資、銀行引き落とし先を楽天銀行にして「楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ」・「楽天ポイント獲得」でお得に投資をしましょう!

 

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)をはじめる時の注意点

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)をはじめる時の注意点
ここ最近、つみたてNISA(積立NISA)・iDeCoが特に騒がれていますが、つみたてNISA(積立NISA)は運用利益が20年間非課税なので、せっかくなので使いたいですね!まずは、自分で体験しないとわからないですし、はじまらないです。つみたてNISA(積立NISA)をされる方へ注意点をお教えします。

 

「楽天証券」米国株式の最低取引手数料が「無料(0米ドル)」好調な米国株・ETF投資デビューに!

「楽天証券」米国株式の最低取引手数料が「無料(0米ドル)」好調な米国株・ETF投資デビューに!
楽天証券から嬉しいニュースがありました!2019年7月22日(月)米国現地約定分から米国株式の最低取引手数料が「無料(0米ドル)」になります! 前回、2019年7月5日に最低取引手数料を5米ドルから0.01米ドル(1セント)に引き下げられていましたが、「0米ドル(無料)」とすると短期間での変更となりました。 これを機に楽天証券で好調な米国株・ETF投資デビューしても良いですね!

 

米国の景気を表す「ISM製造業景況指数」とは?投資の基本を学ぶ!

米国の景気を表す「ISM製造業景況指数」とは?投資の基本を学ぶ!
今日は、PMIを絡めて米国の景況を表す「ISM製造業景況指数」を勉強していきましょう。PMIとは「購買担当者指数」という景気指数の一つ。米国のPMIで最重要指標かつ毎月発表される米国主要指標の中で最も早い毎月第1営業日に発表される「ISM製造業景況指数」は景気後退や成長の初期指標とされている。

 

米国市場に大きな影響を及ぼすFOMC(連邦公開市場委員会)とは何か?投資の基本を学ぶ!

米国市場に大きな影響を及ぼすFOMC(連邦公開市場委員会)とは何か?投資の基本を学ぶ!
Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略。簡単に言うと、アメリカの金融政策を決定する会合・意思決定機関です。日本は金融政策を「日銀金融政策決定会合」で決定しているが、そのアメリカ版がFOMCとなる。米国の中央銀行ともいわれる米連邦準備理事会(FRB)が開く会合・最高意思決定機関ということもあり、今後のアメリカ合衆国の金融政策を占う意味でも市場関係者の注目度は高い。

 

「VTI」は好調な米国株式・投資信託でおさえておくべき投資先

「VTI」は好調な米国株式・投資信託でおさえておくべき投資先
ここ数日のトランプ・ショック、日中貿易戦争で米国株式市場・日本株式市場は大荒れ状態。しかし米国株式市場は絶好調、まだまだ強く信用できます。その中で米国株式市場をほぼ全て網羅する唯一無二のETFとして「VTI」ははずせない。米国ETF「VTI」、または投資信託「楽天・全米株式インデックス・ファンド」でのつみたて投資しても良いですね。「VTI」オススメです!

 

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法
投資の入門にオススメ!WealthNavi(ウェルスナビ)を始め方をご紹介します!いまや、ロボアドバイザーで預かり資産・運用者数No.1のWealthNavi(ウェルスナビ)ですが、事前準備をしっかりしておけば、全自動で世界レベルの資産運用がすぐに始められます!

 

WealthNaviサービス開始から2年11ヶ月で預かり資産1600億円・申込件数23万口座を突破!”

WealthNaviサービス開始から2年11ヶ月で預かり資産1600億円・申込件数23万口座を突破!
WealthNavi(ウェルスナビ)勢い落ちるどころか、投資ブームに乗ってどんどん伸びてサービス開始たった2年11ヶ月で預かり資産1600億円・申込件数23万口座を突破! 私もそうでしたが、投資初心者にはWealthNaviで運用を任せながら、投資がどういったものかを勉強することができるので非常に良い商品だと思います。 予算も少なくまずは投資第一歩としてお試ししたい、長期・積み立て・分散投資にオススメ!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました