「楽天証券」米国株式の最低取引手数料が「無料(0米ドル)」好調な米国株・ETF投資デビューに!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG

楽天証券から嬉しいニュースがありました!

2019年7月22日(月)米国現地約定分から米国株式の最低取引手数料が「無料(0米ドル)」になります!

 

前回、2019年7月5日に最低取引手数料を5米ドルから0.01米ドル(1セント)に引き下げられていましたが、今回、2019年7月22日(月)米国現地約定分から最低取引手数料を「0米ドル(無料)」とすると短期間での変更となったようです。

これを機に楽天証券で好調な米国株・ETF投資デビューしても良いですね!

 

6i9poppa BLOG

米国株式の取り扱いのあるネット証券会社3社を比較してもよいですね。


楽天証券

楽天証券

SBI証券

マネックス証券


 

なんといっても、楽天証券だと楽天ポイントがたまる点が他社と比べ大きなメリットです。

また、取扱銘柄も大変多く、銘柄情報も日本語で確認可能です。円貨・外貨のどちらでも注文できるのは嬉しいですね。

米国株式の場合、日本の深夜帯に現地で取引されているのでリアルタイムで確認しながら取引ができます。

  • 23:30~翌6:00(通常時間)
  • 22:30~翌5:00(サマータイム)

 

好調な米国株式だけでなく、分散投資可能なETFも取引可能なのが嬉しいですね!

世界的に有名な企業がたくさん!下記確認してみてください。

6i9poppa BLOG

6i9poppa BLOG

 

米国株式・ETFの売買代金ランキングはコチラ

6i9poppa BLOG

結論、証券会社それぞれのメリット・デメリットはありますが、大きな差はありません。

大事なのはどこに投資するかということです。投資先として「米国株式・ETF」を選択肢の1つとして考えてはいかがでしょうか。

 

■参考URL

楽天証券の毎日投資で楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ・楽天ポイントゲットする方法

楽天証券の毎日投資で楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ・楽天ポイントゲットする方法
楽天証券のつみたてNISAで投資を開始していますが、楽天証券だと投資への障壁がとても低くて良いですね!楽天ポイントを利用して100円から投資スタートできるので、非常に手軽・簡単に投資を行うことができます。私のように楽天証券で少額でも毎日つみたて投資、銀行引き落とし先を楽天銀行にして「楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ」・「楽天ポイント獲得」でお得に投資をしましょう!

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)をはじめる時の注意点

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)をはじめる時の注意点
ここ最近、つみたてNISA(積立NISA)・iDeCoが特に騒がれていますが、つみたてNISA(積立NISA)は運用利益が20年間非課税なので、せっかくなので使いたいですね!まずは、自分で体験しないとわからないですし、はじまらないです。つみたてNISA(積立NISA)をされる方へ注意点をお教えします。

今なぜETF(上場投資信託)が注目されているのか!投資の基本を学ぶ!

今なぜETF(上場投資信託)が注目されているのか!投資の基本を学ぶ!
最近、「ETF」という単語をよくみかけるようになりましたね。特に本屋さんに行くと投資・資産運用ジャンルの棚には「ETF」がたくさん!今日はそのETF(Exchange Traded Funds)=「上場投資信託」を学んでいきましょう。簡単に言うと、日経平均株価・TOPIX(東証株価指数)・NYダウ等の指数に連動するように運用されている投資信託の一種です。

「VTI」は好調な米国株式・投資信託でおさえておくべき投資先

「VTI」は好調な米国株式・投資信託でおさえておくべき投資先
ここ数日のトランプ・ショック、日中貿易戦争で米国株式市場・日本株式市場は大荒れ状態。しかし米国株式市場は絶好調、まだまだ強く信用できます。その中で米国株式市場をほぼ全て網羅する唯一無二のETFとして「VTI」ははずせない。米国ETF「VTI」、または投資信託「楽天・全米株式インデックス・ファンド」でのつみたて投資しても良いですね。「VTI」オススメです!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました