株式投資はPERだけでなくPBR(株価純資産倍率)も重要?投資の基本を学ぶ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG

前回は、PERPrice Earnings Ratio)=株価収益率について書きましたが、

株式投資時にPER(株価収益率)を見ているか?投資の基本を学ぶ!
株式情報をみているとPERって文字を見かけませんか?PER(Price Earnings Ratio)とは株価収益率と訳されますが、その言葉通り株価が1株あたり当期純利益の何倍まで買われているかを示しています。現在の株価が企業の利益水準に対して割高か割安かの目安となり、株式の投資価値を判断する上で定番かつ重要な指標です。今日はPERの意味・算出方法について学びます。

今回は「PER」とともに株価が割高か割安かの目安になる重要な指標「PBR」を学びます!

 

PBRについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PBRとは

PBR(Price Book-value Ratio)とは株価純資産倍率と訳されている通り、企業の総資産から負債を引いた純資産に対する株価の比率を表しています。

PER同様にPBRに関しても低いほど割安とされています。

 

PBRの算出方法

PBR=株価÷1株あたり純資産(BPS)

(例)株価200円、1株あたり純資産100円であれば、PBRは2倍となる。

 

BPS(Book-value Per Share)とは、1株あたり純資産がいくらかという指標

BPS=純資産÷発行済の株式数

 

PBRを用いた判断方法

PBRが1倍以下だと割安にはなりますが、通常黒字の場合にPBRが1倍を下回ることはないと思います。

1.5倍以下ぐらいを割安の目安にすれば良いです。

 

つまり、1倍だと企業が倒産した際に投資金額に対して同額が戻る。2倍だと投資金額の半分が戻るというイメージです。

そのためにPBRの値が低い方が良いとされています。

 

簡単にPBRを知るには

楽天証券Yahoo!ファイナンス等を見れば、簡単にPBRを知ることができます。

例にソフトバンクグループで見てみるとこんな感じですね。

6i9poppa BLOG

PERが横に表示されていますが、合わせてPBRも確認することをオススメします。

 

PBRは変動する

PBRは時期・環境要因によって変動します。

当然、株価や純資産が変動すればPBRも変動します。

為替等その会社がおかれている状況によって上下します。

 

PBRが割安であればよいというわけでもない

「PER」も「PBR」も同じことが言えますが、投資する際の割安な銘柄であるのかどうかの判断材料でしかありません。

万年割安株も存在しますので、あくまで判断する際の目安・指標として捉え、業績・四季報での確認も行って他の要因含めて総合的に判断することを念頭におく必要がありますね!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました