ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOGWealthNavi

いまや、預かり資産1400億円申込件数19万口座を突破したWealthNavi(ウェルスナビ)

 

iDeCo(確定拠出年金)、つみたてNISA等のように国も個人での投資を推奨していることもあり、昨今の投資ブームに乗って勢いを増しています。

勢いを増すWealthNavi(ウェルスナビ)預かり資産1400億円、申込件数19万口座を突破

勢いを増すWealthNavi(ウェルスナビ)預かり資産1400億円、申込件数19万口座を突破
先日に発表があったようにWealthNavi(ウェルスナビ)「預かり資産1400億円、申込件数19万口座を突破」と勢いを増しています!「預かり資産・運用者No.1」と勢いのあるロボアドバイザーという投資手法の中でも人気が高く、サービス開始からたった2年8ヶ月で、預かり金1400億円ですよ!申込件数19万口座ですよ!驚きですね。

 

私がWealthNavi(ウェルスナビ)を利用して投資しはじめた理由は以前にも記載しましたが、

投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由

投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由
私がウェルスナビを導入する際に、最終的な決め手になったポイント9つをご紹介。

 

忙しい・手をかけずに投資を始めたい・投資を初めてされる方にはWealthNavi(ウェルスナビ)はオススメ!

私自身もそうでしたが投資の入門にオススメです!

WealthNaviがよくできている点は始めるのも非常に簡単ということ。

 

 

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビを始める方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事前準備

  • 運転免許証+通知カード または マイナンバーカード(=個人番号カード)
  • 銀行口座
  • メールアドレス(Gmailでも可)

※”証券口座開設・e-Taxにも必要なマイナンバーカードと通知カードとの違い”も参考に!

証券口座開設・e-Taxにも必要なマイナンバーカードと通知カードとの違い
「通知カード」・「マイナンバーカード」(=個人番号カード)を聞いたことがある人は多いと思います。しかし、この2つのカードの違いはご存知ですか?実は、「通知カード」・「マイナンバーカード」って結構使う・使えるのですよ。必要になった時から手続きをしてもお役所が絡んでいるので、非常に時間がかかります。事前に申請を行っておくべきですね!

 

運用プランの無料診断

無料診断

たった6つの質問からリスク許容度を診断されます。

WealthNaviから「無料診断」をクリック

6i9poppa BLOG

 

診断を始める

「診断を始める」をクリックして、全6問に解答してください。

6i9poppa BLOG

 

診断結果

すると、診断結果が表示され、リスク許容度によって運用されることになります。

リスク許容度は実際に運用が始まっても変更可能ですし、グレー色のボタン「詳細設定」からも変更できます。

6i9poppa BLOG

 

口座開設の申し込み

口座開設

ログインする際に使用するメールアドレスを入力し「次へ」をクリック

6i9poppa BLOG

 

メール受信

メールアドレス宛に届いた認証コードをコピー

6i9poppa BLOG

 

認証コード・パスワード入力

認証コードとパスワードを入力し「ユーザー登録」をクリック

6i9poppa BLOG

 

お客様情報の登録

ここからは事前準備で用意したものを利用し、入力していきます。

入力・本人確認書類のアップロードは非常に簡単。

 

ここでのポイントは「規約等の同意」の「源泉徴収あり特定口座を希望します」部分。

下記3通りありますが、

  1. 特定口座(源泉徴収あり)
  2. 特定口座(源泉徴収なし)
  3. 一般口座

ウェルスナビの公式サイトによると

6i9poppa BLOG

とありますので、いずれかを選択し「申し込む」をクリック

※私はデフォルトチェックされている「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しました。

 

口座開設の申し込み完了

口座開設の申し込み完了から2営業日ほどで「口座開設のお知らせ」が簡易書留で送られる。

 

口座開設の審査

口座開設の審査後に登録した住所宛に簡易書留が送られてきて、簡易書留を受領するとこの時点からWealthNavi(ウェルスナビ)に入金できるようになります。

 

運用開始

運用プラン決定・入金

「運用プラン診断」をクリックし、目標金額とリスク許容度を設定。

「入金する」をクリックし、銀行口座へ入金してください。

※平日の20時頃までに入金すると当日深夜にETFが購入。明朝、ポートフォリオが確認できます。

 

 

引き続き、定期積立の設定等も行っていくことでWealthNavi(ウェルスナビ)のパフォーマンスを最大限に活かせられるのではないでしょうか!

分散投資でリスクヘッジ、複利効果も相まって結果がついてきたら最高ですね!

引き続き、投資関連ブログもお楽しみに!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました