世界経済の先行きを左右する米国「利下げ」を考える!投資の基本を学ぶ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG投資

米国経済、しいては世界経済に大きな影響があるであろう米国の「利下げ」

「利下げ」するか、しないか。

「利下げ」するにしてもどのくらいかという部分にフォーカスされている現状。

 

また、米連邦準備理事会(FRB)パウエル議長の発言により毎度株価に影響がでており、不安定な状態が続いていますね。

7月16日の講演でも、物価停滞が長引く懸念を強めており7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げに踏み切る考えを改めて示唆されています。

 

ここでいう「利下げ」とは、どういったものでどういう影響があるものかを改めて考えてみましょう。

 

世界経済の先行きを左右する米国「利下げ」を考える!投資の基本を学ぶ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「利下げ」とは

そもそも「利下げ」とはどういったことだろうか。

「利下げ」とは、各国の経済状況に応じて中央銀行が公定歩合などの政策金利の引き下げを行うことを指します。

 

「利下げ」の効果

「利下げ」の効果としては、「利下げ」によって市場の金利が下がることで、個人・企業の消費・投資が活発になることで景気にも好影響がでやすいとされています。

 

当然、住宅ローンの金利や銀行の貸出金利が下がることで、個人の住宅購入や企業の投資が活発になることで国内の景気に好影響がでるとされていますが、景気を刺激する効果の他に、自国通貨安や物価・資産価格を上げる効果もあります。

 

「利下げ」を実施するタイミング

「利下げ」を実施するタイミングとしては、景気低迷・金融危機等の場合に行われます。

中央銀行は独立している機関であることから自ら利下げを実施する場合もありますし、政府からの要望にて実施検討する場合もあります。

 

米国「利下げ」予想

上記でもあるように、7月16日の講演にて物価停滞が長引く懸念を強めており7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げに踏み切る考えを改めて示唆されていますが、米景気の減速を避けるために予防的な金融緩和となりそう。

 

現在の焦点は、政策金利の引き下げをどれだけやるか、利下げを何度行うかということ。

しかし大幅な金利引き下げはなさそうな感じですが、0.25%の利下げ予想に7割強・0.5%と大幅な利下げ予想には3割弱が見込んでいる様子。

FRBが年内に3回の利下げするという噂もあるように、まだまだ状況によって変わりそうな状況ですね。

これからも米国経済には常に注視する必要がありますね。

 

参考URL

米国市場に大きな影響を及ぼすFOMC(連邦公開市場委員会)とは何か?投資の基本を学ぶ!

米国市場に大きな影響を及ぼすFOMC(連邦公開市場委員会)とは何か?投資の基本を学ぶ!
Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略。簡単に言うと、アメリカの金融政策を決定する会合・意思決定機関です。日本は金融政策を「日銀金融政策決定会合」で決定しているが、そのアメリカ版がFOMCとなる。米国の中央銀行ともいわれる米連邦準備理事会(FRB)が開く会合・最高意思決定機関ということもあり、今後のアメリカ合衆国の金融政策を占う意味でも市場関係者の注目度は高い。

 

米国株価指数「S&P500」と「NYダウ」の違いとは何か?投資の基本を学ぶ!

米国株価指数「S&P500」と「NYダウ」の違いとは何か?投資の基本を学ぶ!
「S&P500」と「NYダウ」の違いとは何か。改めて理解し直しましょう。「S&P500」と「NYダウ」は、「東証株価指数(=TOPIX)」と「日経平均株価」との関係にも似ていると言われます。算出方法と構成銘柄数の違いになりますが、チャートの動きは似ていますので、どちらが良いかの正解はありません。しかし「S&P500」のほうが幅広い(構成銘柄数も多い)ので、分散投資できることで長期保有ができるのではないでしょうか。

 

世界最大の新興企業向け株式市場「NASDAQ」(ナスダック)とは?投資の基本を学ぶ!

世界最大の新興企業向け株式市場「NASDAQ」(ナスダック)とは?投資の基本を学ぶ!
今日も投資に関する基本中の基本を改めて勉強しなおしましょう!これまで、下記有名どころの株価指数を紹介してきましたが、今日は「NASDAQ」(ナスダック)です。ニュースでは聞いたことはあるけど、詳細まで知っていますか?新興企業(ベンチャー企業)やハイテク企業は「NASDAQ」(ナスダック)。覚えておきましょう。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました