銀行窓口で投資信託など金融商品をすすめられた時は基本お断りで間違いなし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG投資

ある程度まとまった金額を銀行窓口でやりとりした際、投資信託などの金融商品の提案を受けたことありませんか?

ボーナスや退職金などを預金しようとした時に、預金しても金利が低いので投資の提案を受けることが多々あるようです。

 

そういった場合、一旦話を聞くのは良いですがその場で即決するのはやめましょう。

特に年配の方は、息子さん・娘さんに一度相談することをオススメします。

 

銀行窓口で投資信託など金融商品をすすめられた時は基本お断りで間違いなし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ銀行窓口で金融商品をすすめられたら基本お断りなのか。

結論、銀行は手数料収入で生きています。

特に銀行の投資信託等は手数料が高額に設定されている。

 

現在では、銀行もマイナス金利の影響で利回りが下がり、非常に苦しい状況です。

預金を集めて運用するより手数料収入に力を入れている現状。

高額な銀行の金融商品はお勧めできません。

 

銀行の手数料は高額

銀行で扱っている投資信託全てがダメというものでもありませんが、同じ金額を投資するのにわざわざ手数料が低い商材を売ることはないでしょう。

 

銀行で扱っている投資信託は販売手数料が2~3%ほど。

その上、運用管理手数料(信託報酬)が年率1.5%ほどと非常に高額になる。

 

ネット証券なら手数料(コスト)も安く・選べる商品数も多い

逆にネット証券ならどうか。

結論から言うと、ネット証券は手数料(コスト)は安く、取り扱い商品数が豊富。

 

購入時の手数料が無料の「ノーロードファンド」、信託報酬が低い商品もたくさんあり、断然ネット証券をオススメします。

 

ネット証券はどこがオススメか

楽天証券」と「SBI証券」のどちらかで良いです。

共に商品数は業界最多。

ともにポイント投資可能ですが、私は楽天ポイントでの投資ができる「楽天証券」を利用しています。


楽天証券

楽天証券

SBI証券


銀行の窓口・証券会社の窓口・ネット証券とどれを選ぶかは自由です。

せっかく大事なお金を投資するのであれば、情報弱者からの損は避けたいものです。

最後は、自身で決めることになりますから一生懸命勉強しなきゃいけないですね!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました