【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年7月17日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG週次レポート

今週は、新型コロナウイルス感染第2波が本格到来した印象。

東京都では1日あたり新規感染者数が過去最高。

東京周辺の関東圏(千葉・埼玉・神奈川など)・大阪府など近畿圏でも急増している。

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、行動制限などが発令されると経済への影響は計り知れない。

最近特に、ワクチン・新薬開発の報道が増えてきており、より感染者数増加によって治療薬への期待が高まるだろう。

 

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年7月17日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週の市場の主な動き

新型コロナウイルス感染第二波・中国を中心とした各国との対立が目立ってきているが、ワクチン・治療薬への期待もあって市場をサポートしているが、実際にワクチン・治療薬を使用できるまで時間を要するだろうし、年内は厳しいのではないか。

 

また、これまで株式市場を引っ張ってきた米国のナスダック指数・中国の上海総合指数も落ち着きを見せてきている。

当然、新型コロナウイルス感染第二波の影響があるだろうが、米・中関係悪化が主たる原因だろう。

 

東京市場では、来週の営業日数が3日間、その後の4連休を控えていることもあり、様子見といったところか。

 

NYダウ チャート(6ヶ月)

6i9poppa BLOG

米市場では、中国株が大幅に下落・先週分の新規失業保険申請件数が市場予想を上回ったこともあり、NYダウは5日ぶりに反落。

 

7月29日には米連邦公開市場委員会(FOMC)、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の定例会見が控えています。

米国市場に大きな影響を及ぼすFOMC(連邦公開市場委員会)とは何か?投資の基本を学ぶ!

米国市場に大きな影響を及ぼすFOMC(連邦公開市場委員会)とは何か?投資の基本を学ぶ!
Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略。簡単に言うと、アメリカの金融政策を決定する会合・意思決定機関です。日本は金融政策を「日銀金融政策決定会合」で決定しているが、そのアメリカ版がFOMCとなる。米国の中央銀行ともいわれる米連邦準備理事会(FRB)が開く会合・最高意思決定機関ということもあり、今後のアメリカ合衆国の金融政策を占う意味でも市場関係者の注目度は高い。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績

2020年7月17日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次月次運用実績レポートを公開します。

前回の2020年7月10日 週次運用実績レポートはコチラ

6i9poppa BLOG

先週比:+0.91%(+2,440円)と増加。

年利7%台に到達。まぁ、この株価回復も安心はできないですね。

 

資産別損益

6i9poppa BLOG

今は、米国株・金が伸びていますが、金・銀ETFなど貴金属への長期投資はオススメですよ。

株価暴落などの有事には安全資産の「金」(ゴールド)投資するなら金ETFがオススメ

株価暴落などの有事には安全資産の「金」(ゴールド)投資するなら金ETFがオススメ
有事の時には「金」(ゴールド)というように、 新型コロナウイルスからの株価暴落など市場が荒れている時などには「金」(ゴールド)が投資先として選ばれます。 事実、最近の「金」価格は上昇し続け、2020年4月14日の報道にもあったように金価格は40年ぶりの高騰。 ※6,582円/gを記録した後も変わらずの高値のまま 今回は、そんな有事の時には「金」(ゴールド)について書いていきたいと思います。

安全資産の金に追随する傾向がある銀(SLV)によるETFつみたて投資

安全資産の金に追随する傾向がある銀(SLV)によるETFつみたて投資
前回は、株価暴落など有事には金(GLD)投資、中でもETFがオススメですよと話しましたが、 今回は、「銀」(SLV)に特化した内容で書きていきたいと思います。 私自身、金もさることながら「銀」によるつみたて投資を行っています。 今年に入ってからコロナ禍の状況の中、金とともに「銀」(シルバー)も好調。 「有事には金」と呼ばれるように、安全資産の金に追随する傾向がある「銀」とはどういったものか。

 

資産別割合

6i9poppa BLOG

資産別割合の変更ありません。

WealthNaviは少額投資なので、リスク変更等は一切行いません。

ただ、高リスクだと株比率が高いので、別途ETFなどでポートフォリオを調整したほうが良いですね。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)の構成7銘柄

WealthNavi(ウェルスナビ)の構成7銘柄は「Googleファイナンス」で確認できます。

Googleファイナンスで構成7銘柄を検索・保存すれば、次回から簡単に確認可能。

6i9poppa BLOG

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

 

まとめ

今週は、日銀・ECBなど主要国が金融政策を発表したが現状の大規模緩和策の継続が決定している。

ユーロ圏のみならず世界経済に影響を及ぼす「ECB理事会」とは何か?投資の基本を学ぶ!

ユーロ圏のみならず世界経済に影響を及ぼす「ECB理事会」とは何か?投資の基本を学ぶ!
利下げ・緩和再開等でFRBをはじめ中央銀行の判断が待たれる中、ECB理事会の声明に関しても大きな関心がもたれました。 今回、ユーロ圏のみならず世界経済に影響を及ぼす「ECB理事会」についてまとめてみました。 直近でのECB理事会では、欧州の景気後退リスクは低いとして政策は据え置きとし、ドラギECB総裁の会見でも「欧州の景気後退の可能性は低い。利下げを協議しなかった」と述べているようですが、今後利下げ・緩和再開の可能性はあるようには声明をだされていました。

 

追加緩和策といっても大きな成果がでる可能性は低い。

国民が求める支援を完全に把握している政治家はいるだろうか。

「Go To トラベル キャンペーン」は必要ですよ。だけど今じゃないでしょう。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)を始めるには

好調だった米経済も新型コロナウイルス感染拡大で一変し、感染第2波も到来。

治療薬・ワクチンも年内での目処が立たない中、自らリスクヘッジして「長期・積立・分散」しながら資産運用する必要があります。

 

投資初心者には、WealthNaviで「長期・積立・分散」投資がオススメです。

投資の格言「卵は1つの篭に盛るな」にもあるように、資産運用は分散投資が基本!


投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由

投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由
私がウェルスナビを導入する際に、最終的な決め手になったポイント9つをご紹介。

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法
投資の入門にオススメ!WealthNavi(ウェルスナビ)を始め方をご紹介します!いまや、ロボアドバイザーで預かり資産・運用者数No.1のWealthNavi(ウェルスナビ)ですが、事前準備をしっかりしておけば、全自動で世界レベルの資産運用がすぐに始められます!

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

 

▼「長期・積立・分散」投資が可能なWealthNavi(ウェルスナビ)を始めるには

WealthNavi

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました