更新通知は Twitter・PostPrime で配信中

Coincheck(コインチェック)で始める未来への「暗号資産・仮想通貨」積立投資

6i9poppa BLOG仮想通貨

今からやるべき未来への投資は「暗号資産・仮想通貨」です。

数年前の仮想通貨バブルから時間は経過し、ビットコイン(BTC)以外のイーサリアム(ETH)を筆頭としたアルトコインも多くでてきており再燃していますが、まだまだ「暗号資産・仮想通貨」を投資対象にするには遅くはありません。

 

「暗号資産・仮想通貨」はボラティリティー(価格変動率)が高いため「こわい・危険」なイメージがありますが、投資対象の一つとして考え、株(国内外)・国債・コモディティ・各国通貨建てなどに分散投資・分散割合をきちんと管理されていれば「暗号資産・仮想通貨」への投資は大変有益になります。

 

それでもボラティリティーの高くコワイということであれば、慣れるまでリスクを抑えた少額での「暗号資産・仮想通貨」投資をはじめることをオススメします。

少額でも充分大きなリターンを得ることができますし、「ドル・コスト平均法」(=定額購入法)というように、長期に分散して定期的に積み立てるを投資手法を用いることでリスクを最小限に抑えることが可能です。

 

当然、投資なのでリスクはありますが、銀行預金も大きなリスクとなる現在の日本。

投資先・投資手法をうまく利用し、限られた投資期間を有効に使っていきたいですね。

 

今回、「暗号資産・仮想通貨」への投資の第一ステップとして、まずはCoincheckコインチェック)の口座開設方法・手順や注意点を記載しています。

 

Coincheck(コインチェック)で始める未来への「暗号資産・仮想通貨」積立投資

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜCoincheck(コインチェック)なのか

「暗号資産・仮想通貨」を購入するには、暗号通貨取引所の口座を持つ必要があります。

では、なぜ数ある暗号通貨取引所の中で、Coincheckコインチェック)なのか。

コインチェック

 

正直、各暗号通貨取引所でのメリット・デメリットはあります。

シェア・取り扱い仮想通貨銘柄・手数料やスプレッド等の費用・販売所の有無・セキュリティーや補償・レバレッジの有無やキャンペーン等のサービス・アプリの使い勝手というように挙げたらキリがありません。

 

コインチェックの場合、大きくシェアを獲得していて取り扱い仮想通貨銘柄も多く、全体的なレベルが高い。

また、他社にはないメリット(Coincheckつみたて)があるのが大きかった。

 

自身で積立を行うとタイミング・金額を調整してしまったり邪念がはいります。

そうなると上記「長期に分散して定期的に積み立てる投資手法を用いることでリスクを最小限に抑えることが可能です。」が成り立たなくなる為、強制的かつ定期的に積み立てられるCoincheckコインチェックを選択しました。

 

他の投資対象と異なるボラティリティーを持つ「暗号資産・仮想通貨」は魅力的なので、私はリスクを分散してCoincheckコインチェック)で運用しています。

 

Coincheckの取り扱い仮想通貨

Coincheckコインチェック)の「暗号資産・仮想通貨」取扱銘柄は16種類。

Coincheck(コインチェック)で現在取引できる通貨は何種類?仮想通貨(暗号資産)の購入手順 | Coincheck
Coincheckでは国内最多の17種類の仮想通貨(暗号資産)を取り扱っております(2021年9月時点)。多くの通貨が取引できるCoincheckの口座を開設する方法や通貨の購入方法、スマホアプリの使い方などについて解説します。

 

現在、取扱銘柄が最も多い取引所ではないでしょうか。

  1. ビットコイン (BTC)
  2. イーサリアム (ETH)
  3. イーサリアムクラシック (ETC)
  4. リスク (LSK)
  5. ファクトム (FCT)
  6. リップル (XRP)
  7. ネム (XEM)
  8. ライトコイン (LTC)
  9. ビットコインキャッシュ (BCH)
  10. モナコイン (MONA)
  11. ステラルーメン (XLM)
  12. クアンタム (QTUM)
  13. ベーシックアテンショントークン (BAT)
  14. アイオーエスティー (IOST)
  15. エンジンコイン (ENJ)
  16. オーエムジー (OMG)

の計16銘柄。

 

Coincheck(コインチェック)の口座開設状況

コロナ禍ということもあり、リモートワーク・24時間取引可能・コロナ給付金の受け皿・法定通貨への不信もあってか、「暗号資産・仮想通貨」取引所の口座開設申し込みが殺到していた。

 

当然、下記のように国内シェアの上位を占めているCoincheckコインチェック)は口座開設の審査に時間を要している様子。

6i9poppa BLOG

 

本人確認の申請を「かんたん本人確認」(=アプリ上で運転免許証などを撮影・アップロード)にすることで、大幅な時間短縮ができるのでオススメです。

※下記に「かんたん本人確認」の方法を記載しています。

 

Coincheckアプリをダウンロード

まずはCoincheckコインチェック)アプリをダウンロードしましょう。

口座開設手続き(会員登録)は、すべてアプリで完結できます。

6i9poppa BLOG

 

Coincheck(コインチェック)の口座開設方法・手順

では、Coincheckコインチェック)アプリを利用して口座開設を進めていきましょう。

事前に用意するものは、運転免許証などの身分証明書とメールアドレスぐらい。

 

「会員登録」からメールアドレス・パスワードを入力します。

6i9poppa BLOG

 

登録したメールアドレスに確認メールが届くので、メールアプリを開きます。

6i9poppa BLOG

 

件名:【Coincheck】登録メールアドレス確認のお願い

というメールを開き、本文のURLをクリックしてメールアドレスの確認手続きを行います。

6i9poppa BLOG

 

次に「本人確認」を行います。

各種重要事項を確認し「同意」してください。

6i9poppa BLOG

 

電話番号の認証を行います。

入力した電話番号宛にSMSにてコードが送られてきます。

6i9poppa BLOG

 

送られてきたコード入力を入力し、電話番号を認証します。

次に、本人の基本情報入力を行います。

6i9poppa BLOG

 

基本情報→居住情報→職業などを入力します。

6i9poppa BLOG

 

最後に本人確認用の身分証明書を提出します。

今回は「かんたん本人確認」にて身分証明書のアップロードを行います。

6i9poppa BLOG

 

本人確認書類は「運転免許証」を選択し、運転免許証の表面・裏面の撮影を行います。

6i9poppa BLOG

 

運転免許証の表面・裏面をそれぞれ撮影します。

6i9poppa BLOG

 

次に、運転免許証をもってご本人を撮影を行った後に提出(撮影データをアップロード)します。

6i9poppa BLOG

 

あとは、Coincheckコインチェック)側の審査を待つだけ。

本人確認完了(メール通知)まで待ちましょう。

6i9poppa BLOG

 

口座開設完了

私の場合、Coincheckコインチェック)の口座開設手続きに要した期間は、

本人確認を「かんたん本人確認」で行い、計4日間でした。

 

下記画像はCoincheckコインチェック)口座開設が完了した案内メールです。

6i9poppa BLOG

口座開設申し込みが多く、審査に時間を要すとのことでしたが意外に早かったですね。

 

2段階認証の設定は重要

すぐに2段階認証の設定をしておきましょう。

2段階認証などを用いて、ご自身でもセキュリティー面を向上させましょう。

6i9poppa BLOG

 

入金して仮想通貨を購入する

あとは入金して仮想通貨を購入するだけ。

まずは少額からはじめてみても良いですね。

6i9poppa BLOG

購入してみないとわからないことが多いので、まずは金額を抑えて試用してみましょう。

 

価格変動リスクを抑える「Coincheckつみたて」

Coincheckコインチェック)を選んだ理由として、大きくシェアを獲得していて取り扱い仮想通貨銘柄も多く、全体的なレベルが高いのもありますが、他社にはないメリット(Coincheckつみたて)があります。

 

私の場合、自身で積立を行うとタイミング・金額を調整してしまったり邪念がはいるので、強制的かつ定期的に積み立てられる「Coincheckつみたて」を利用しています。

6i9poppa BLOG

 

まとめ

今回、「暗号資産・仮想通貨」投資するには、暗号通貨取引所の口座を持つ必要があるのでCoincheckコインチェック)をオススメしましたが、各個人の運用方法・考え方によって変わってきます。

コインチェック

 

楽天ポイントを利用してビットコインを購入できる「楽天ウォレット」もあるし、

仮想通貨の定期的な積立投資にオススメ「楽天ウォレット」ポイント利用可能

仮想通貨の定期的な積立投資にオススメ「楽天ウォレット」ポイント利用可能
仮想通貨は以前の超暴騰落のイメージからギャンブル性の高い投資というイメージがありますよね。 事実、私自身も手を出していなかったのですが、今ではビットコインなどを定期的に積立投資しています。 この心変わりはどういった理由からかと言うと、ビットコインは「金・銀の動き方と似ている」から。 以前から言われていることですが、株価が暴落すると資金回避先としてビットコインなど仮想通貨が選ばれます。 仮想通貨は、手数料が安いETFなどと比べ売買スプレッドが高い等のデメリットもありますが、Facebookの仮想通貨「Libra」(リブラ)や米決済大手PayPal(ペイパル)が仮想通貨事業参入したりと、今後の利便性・価値向上含めて期待値の高い投資先ですね。 今回は仮想通貨への定期的な積立投資(楽天ポイント利用も)可能な「楽天ウォレット」をご紹介します。

 

結論、どの取引所を利用するにしても投資利益を最大化するには「暗号資産・仮想通貨」への投資は避けては通れません。

長期に分散して定期的に積み立てる投資手法を用いるもよし、リスクを理解・最小限に抑えた上で投資していきたいものですね。

 

コメント

スポンサーリンク