名作ソウルメイトの続編版「陽だまりの天使たち ソウルメイト2/馳星周」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG

先日ご紹介しました名作“ペットを飼おうとしている人・愛犬家は必読すべき「ソウルメイト/馳星周」

ペットを飼おうとしている人・愛犬家は必読すべき「ソウルメイト/馳星周」
ソウルメイト=魂の伴侶。■過去・現在でも愛犬とともに過ごした経験がある方 ■これから犬を飼おうと思っている方 ■愛犬に対して冷たくあしらったりした経験がある方 是非一度、「ソウルメイト/馳星周」を読んでください。

の続編がこれまた最高なんです!

 

陽だまりの天使たち ソウルメイト2/馳星周

 

まず、巻頭詩の「いつもそばにいるよ」から泣かされます。

犬目線での飼い主へのメッセージ。言葉は話せませんが、こう思って言っていると思うと救われますね。

 

偶然ですが、先日新幹線に乗っている時にに斜め前の御婦人が読書をされていたのですが「見たことのある表紙だな」と思ったら、緑の中で舌をだした可愛いバーニーズの写真が!

 

「陽だまりの天使たち ソウルメイト2」を偶然読んでらっしゃって、なんだか嬉しくなった反面、この御婦人もこれまでに愛犬との別れがあったのかと勝手に想像して少しセンチメンタルになっていました。

 

愛犬(大事な方)との別れは悲しいものだけではありません。

その方の残した存在・言葉は、未来への活力にもなりますし生きる糧にもなります。

 

過去・未来をみるのではなく、今目の前にあるものをみて、今をいきよう。

わかっているつもりだけど、過去の経験から怖気づいたり、未来を想像で判断する・諦めるのではなく、現在、目の前にあるものをみて、今を大切に生きよう。と改めて学びましたし、なにか元気をもらいました。

 

この「陽だまりの天使たち ソウルメイトII」も「ソウルメイト」に引き続き名作です。

 

犬好きだけでなく現在・未来に悩める子供へ贈りたい本「雨降る森の犬/馳星周」

犬好きだけでなく現在・未来に悩める子供へ贈りたい本「雨降る森の犬/馳星周」
読み終えた感想としては、犬好きだけでなく現在・未来に悩める子供へ贈りたいと思いました。私自身、子供に対しての接し方も考えさせられましたし、子供にも是非読んでもらいたい本だなと。何も考えずに今を一生懸命に生きる。過去も未来も考えずに現在目の前にあるものに対し、その瞬間瞬間に一生懸命立ち向かう。改めて、そう感じることができた作品でした。

こちらの「雨降る森の犬/馳星周」もオススメですよ!

馳星周さんの作品は本当に最高ですね。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました