【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年2月28日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG週次レポート

新型コロナウイルスの感染拡大もあり、日経平均は5日続落し5営業日の下落幅が2,300円近くに。

また、米株式市場でもNYダウに関しては6日続落し、1190ドル安と過去最大の下げ幅を記録。

 

米国カリフォルニア州でも新型コロナウイルスの感染者が確認されたことから、世界で広がっていることも世界経済に大きく悪影響となる懸念が一段と強まっている。

 

専門家の中では4~5月が流行のピークになるとの意見もあるが、各国の対策・封じ込めにかかっている!

その点、初段階の対応がうまくいかなかった安倍首相は徹底的に対応していくべきだし、中国からの渡航者は一定期間シャットアウトする気概も必要ではないか。

 

収束の見通しは現状ついていないが、これから数週間・数ヶ月は新型コロナウイルス関連に市場は振り回されていくだろう。

 

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年2月28日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週の市場の主な動き

前日のNYダウが過去最大の下げ幅を記録。

日経平均も米株式市場の流れを引き継ぐことになり、2月25日に匹敵する下落となってしまった。

 

2月21日からの5営業日で2,300円近くの下落幅に。

直近高値の24,115.95円(1月17日)と比べると下落幅は3000円近くに達する。

損切り・リスク回避という行動も相まって、大きく売りを招いているのでしょう。

 

NYダウ チャート(6ヶ月)

6i9poppa BLOG

トランプ米大統領の新型コロナウイルスへの対応は万全と大きなパフォーマンスも結果的には効果なく、米政府・市場も混乱しましたね。

米株式相場は急落、波乱相場が続く中、投資家達はベア型のETFを積極的に活用しているようですね。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績

2020年2月28日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次月次運用実績レポートを公開します。

前回の2020年2月21日 週次運用実績レポートはコチラ

6i9poppa BLOG

先週比:-11.63%(-25,591円)と超大幅減。

年利16%から5%まで一気に下落。まぁ、もっと下がるでしょうね。

 

資産別損益

6i9poppa BLOG

世界経済を引っぱってきた米国経済の減速も考慮していかなければならなくなりました。

日・中の株大幅安ということを考えれば、米経済にも波及する可能性は当然考えられる。

 

NYダウが2万5000ドルを割り込むことがあれば、3月17〜18日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)での利下げ再開も検討されるだろう。

というか、FOMCまで待てないかもしれないですね。

 

資産別割合

6i9poppa BLOG

資産別割合は、引き続き変更しません。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)の構成7銘柄

▼ウェルスナビの構成7銘柄を確認するには、Googleファイナンスがオススメです!

Googleファイナンスにて、構成7銘柄で検索して確認してみてください。

6i9poppa BLOG

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

※Googleアカウントもっていれば銘柄保存が可能。次回から簡単に確認できますよ。

 

まとめ

>3連休明けの株価が非常にこわいんですけど。。

現実になりましたし、引き続き直近のダウ平均は不安定な状況ということもあり、1000ドルを超える下げて一転して反転。

その後も800ドルの大きな戻しから戻り500ドルの下げと激しい乱高下と新型コロナウイルスの状況・政府対応等を加味して動いていくしかないですね。

 

私の場合、「WealthNavi」(ウェルスナビ)は基本放置ですが。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)を始めるには

好調な米経済でも今回の新型コロナウイルスや災害もありますし、トランプの言動・対中・中東問題によっては、どうなるかわかりません。

資産運用はリスクヘッジしながらすべきですね。

まず初めは、ウェルスナビで「長期・積立・分散」投資してはいかがですか?

 

投資の格言「卵は1つの篭に盛るな」にもあるように、資産運用は分散投資が基本です。


投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由

投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由
私がウェルスナビを導入する際に、最終的な決め手になったポイント9つをご紹介。

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法
投資の入門にオススメ!WealthNavi(ウェルスナビ)を始め方をご紹介します!いまや、ロボアドバイザーで預かり資産・運用者数No.1のWealthNavi(ウェルスナビ)ですが、事前準備をしっかりしておけば、全自動で世界レベルの資産運用がすぐに始められます!

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

 

「長期・積立・分散」投資ができるWealthNavi(ウェルスナビ)をはじめるには▼

WealthNavi

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました