【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年2月7日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG週次レポート

中国発の新型コロナウイルスの市場への影響は収まってきたのか。

2月6日の米株式市場でのNYダウでは4日続伸。

ナスダック総合指数・S&P500指数ともに過去最高値を更新。

 

新型肺炎への懸念がひとまず落ち着いた(落ち着いたのか?)、中国政府による米国からの輸入750億ドル分に対する関税を半減とすると発表もあって、市場へと反映された形となった。

 

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年2月7日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週の市場の主な動き

NYダウが3週間(1月17日)ぶりに最高値を更新。

今日は米1月雇用統計が発表されるが、前哨戦とされる1月ADP雇用統計が市場の予想を大幅に上回る好結果だったこともあり、新型コロナウイルスの状況にもよると思いますが雇用統計も良い結果となれば、主要3指数が揃って史上最高値を更新することもありそうですね。

 

大きなニュースとしては、米有力アクティビスト(物言う株主)として知られる投資ファンドのエリオット・マネジメントがソフトバンクグループ株の約3%(投資額が25億ドル=約2700億円)を取得したと報道。

投資決定における手法の見直し・透明性向上等の改善や自社株買いを求めているとのこと。

このニュースもあってかソフトバンクグループ株が急伸。

 

NYダウ チャート(6ヶ月)

6i9poppa BLOG

新型コロナウイルス感染拡大懸念が広がるが、一旦は落ち着いたと見ていいのか不明だが、直近では米雇用統計が焦点となっている。

失業率は低水準が続いており、非農業部門雇用者数・平均時給は前回から改善が予想されている。

ISM製造業景気指数ADP雇用統計は市場予想とは異なり好結果。


■“市場にも大きく影響する「米国雇用統計」とは何か?投資の基本を学ぶ!

市場にも大きく影響する「米国雇用統計」とは何か?投資の基本を学ぶ!
市場にも大きく影響する「雇用統計」今回は、自身の備忘録としても「雇用統計」に関してまとめておきます。結論から言うと投資されている方は、アメリカの雇用統計により注目する必要がありますね。私のようにアメリカ経済に関連する投資信託を運用している場合は特に注視する必要があります!詳細はコチラをご確認ください。

■“米雇用統計を代表する重要な経済指標「NFP」(米国非農業部門雇用者数)投資の基本を学ぶ!

米雇用統計を代表する重要な経済指標「NFP」(米国非農業部門雇用者数)投資の基本を学ぶ!
毎月発表される経済指標のうち「米雇用統計」は、FRB(連邦準備制度理事会)が金融政策を決める上でも非常に重要視されています。 その中でもNFP(Non Farm Payroll)、つまり米国非農業部門雇用者数は「米雇用統計」の中でも重要な項目の一つと言われています。 今日は「NFP」(米国非農業部門雇用者数)とは何かを理解しましょう。

■“米国の景気を表す「ISM製造業景況指数」とは?投資の基本を学ぶ!

米国の景気を表す「ISM製造業景況指数」とは?投資の基本を学ぶ!
今日は、PMIを絡めて米国の景況を表す「ISM製造業景況指数」を勉強していきましょう。PMIとは「購買担当者指数」という景気指数の一つ。米国のPMIで最重要指標かつ毎月発表される米国主要指標の中で最も早い毎月第1営業日に発表される「ISM製造業景況指数」は景気後退や成長の初期指標とされている。

■“雇用統計の先行指標となるADP雇用統計とは何か?投資の基本を学ぶ!

雇用統計の先行指標となるADP雇用統計とは何か?投資の基本を学ぶ!
前回、アメリカの景気が全世界の経済に影響を与えるため、米国雇用統計が毎月注目されている。として、 “市場にも大きく影響する「米国雇用統計」とは何か?投資の基本を学ぶ!”を書きましたが、米労働省労働統計局(BLS)がアメリカの労働者雇用状況を調査した指標「米国雇用統計」の2営業日前に発表される「ADP雇用統計」を学びます。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績

2020年2月7日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次月次運用実績レポートを公開します。

前回の2020年1月末 週次・月次運用実績レポートはコチラ

6i9poppa BLOG

先週比:+2.78%(+6,120円)と大幅増。

と言っても先々週と変わらない数値なので、2週間の間に新型コロナウイルスの影響で大きく上下しただけですね。

 

資産別損益

6i9poppa BLOG

新型コロナウイルスへの警戒感が残しつつ、市場の関心は米国景気・金融政策に戻りそうな感じですね。

1月11・12日にはパウエルFRB議長が議会証言することもあり、発言・周囲の反応が気になるところです。

 

資産別割合

6i9poppa BLOG

資産別割合は、引き続き変更ありません。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)の構成7銘柄

▼ウェルスナビの構成7銘柄を確認するには、Googleファイナンスがオススメ!

Googleファイナンスにて、下記項目を検索して確認してみてください。

6i9poppa BLOG

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

 

まとめ

市場の新型コロナウイルスへの警戒感が根強くあるが、市場が好調ということもあってか棚上げされている感じはします。

 

実際、新型肺炎の感染拡大は継続しており、中国側の発表でも感染者数・死亡者数ともに増加。

日本でも横浜のクルーズ船の件もあって、まだまだ警戒は怠れない。

 

WHOも感染拡大がピークと断定するには時期尚早と言っているように、新たなニュースによって市場へ即影響することも意識しておくべきですね。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)を始めるには

好調な米経済もトランプの言動・対中・中東問題・新型コロナウイルスとどうなるかわかりません。

リスクヘッジしながら資産運用したいものですね!

まず初めは、ウェルスナビで「長期・積立・分散」投資してはいかがですか?

 

投資の格言「卵は1つの篭に盛るな」にもあるように、資産運用は分散投資が基本です。


投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由

投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由
私がウェルスナビを導入する際に、最終的な決め手になったポイント9つをご紹介。

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法
投資の入門にオススメ!WealthNavi(ウェルスナビ)を始め方をご紹介します!いまや、ロボアドバイザーで預かり資産・運用者数No.1のWealthNavi(ウェルスナビ)ですが、事前準備をしっかりしておけば、全自動で世界レベルの資産運用がすぐに始められます!

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

 

「長期・積立・分散」投資ができるWealthNavi(ウェルスナビ)をはじめるには▼

WealthNavi

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました