WordPressでのレンタルサーバーをXSERVER(エックスサーバー)に決めた理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOGツール・サービス

今年にはいり、ブログ運営をWordPress(ワードプレス)で再開しました。

WORDPRESSでブログ再開してみた「6i9poppa BLOG」
「6i9poppa BLOG」ビッグポッパ ブログ@京都としてブログ再開しました。

 

下記記載しているように、レンタルサーバーは各社から価格が安いものから高性能なものまで、幅広くサービス展開されています。


エックスサーバー

wpXレンタルサーバー

ロリポップ!

さくらのレンタルサーバ

お名前.com レンタルサーバー

WADAXレンタルサーバー

カゴヤ・ジャパン

Zenlogicホスティング Powered by AWS

Z.com

ConoHa WING

クイッカ

ABLENET レンタルサーバー

SPPDレンタルサーバー


その中から、私は、ブログ運営をWordPress(ワードプレス)で再開するにあたり、レンタルサーバーはエックスサーバー(XSERVER)に即決しました。

 

 

レンタルサーバーをエックスサーバーに即決した理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実績

運用サイト数160万件という実績は大きいですね。

WordPressでのブログ運用ならエックスサーバーと言われる所以ですね。

 

歴史

サービス提供から15周年を迎えるエックスサーバー

他社に比べ歴史が古く、安定したサービスを長年維持されている。

 

高速通信とアクセス負荷への耐性

CPU・メモリ・SSDが最新・大容量ですので、Webサイトの動作・表示が高速

アクセス集中時でも安定した表示が可能とのこと。

 

サーバー稼働率

安定したサーバー稼働率99.9%以上

上記にも関係してきますが、高速通信・アクセス負荷耐性があり、サーバー稼働率も高ければ言うことなしですね。

 

無料お試し

全機能をお試し期間中に利用できます。

実際に私も導入していますが、無料期間中に設定を行い問題ないことを確認の上で契約しました。

 

サポート

電話・メールともにサポートは無料です。

メールだけだとストレスがありますが、電話サポート対応している点も非常に重要ですね。

 

CGI・PHP等にも対応

CGI・PHP・Cron・SSIにも対応

 

独自SSLが無料

最近では導入必須のAOSSL(常時SSL)が無料です。

無料ブログでは対応していないところもあるようですが、WordPressでブログ運営するなら当たり前のAOSSL(常時SSL)が無料です。

また、SSL証明書のインストール作業も自動で行われ、ユーザーがやることは認証作業のみというのも嬉しいですね。

 

CMSが簡単にインストール可能

WordPress・EC-CUBE・PukiWiki・XOOPS Cubeも簡単にインストールできます。

 

自動バックアップ

サーバー内のデータを毎日自動でバックアップ保存してくれます。

また、Web・メールデータだと過去7日分、MySQLデータベースだと過去14日分を自動バックアップを全プラン対象で行います。

万が一、データ消失した場合、インフォパネル(管理画面)からデータ提供(有料)も行えます。

 

キャンペーン

2019年4月26日18:00まで非常にお得なキャンペーン実施中

ドメインプレゼントキャンペーン!<2019年1月8日(火) 〜 2019年4月26日(金)まで>
エックスサーバーのキャンペーンページです。ドメインプレゼントキャンペーンの詳細をご案内しています。<2019年1月8日(火) 〜 2019年4月26日(金)まで>

 

サーバー新規契約でドメイン1つが無料

※(.com/.net/.org/.biz/.info/.xyz/.link/.clickのいずれか)を1つ無料で取得できます。

 

サーバー契約中は取得したドメインの更新費用も無料

うれしいことに新規取得だけでなく、ドメイン移管も対象(.clickは移管対象外)となります。

レンタルサーバーをエックスサーバーに決める前にドメインを取得してしまっていましたが、エックスサーバーにドメイン移管することでキャンペーンの恩恵を受けられます。

 

これからブログされる方はエックスサーバー(XSERVER)がオススメ!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました