Google Analytics(GA)で自分のアクセスを除外して計測する方法・手順

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOGツール・サービス

BLOG運営していて「Google Analytics」(GA)でアクセス等を計測するのは当たり前ですよね。

初心者の方でもGoogle Analytics(アナリティクス)を導入したほうが良いよと聞いたことはあるはずです。

 

ブログやWebサイトを始めて、最近になってGoogle Analyticsを導入したような方で

「ブログ始めたばかりなのに、アクセスが多いな」

「リアルタイムでいつも数人のアクティブユーザーがいるな」

などと感じたらご注意ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Analyticsで自分のアクセスを除外していないかも?

Google Analyticsはとても優秀です。

無料で利用できることが素晴らしいサービス・ツールですが、設定しないと自分自身のアクセスもカウントしてしまいます。

 

今回は、自分のアクセスを除外して計測する方法・手順をGoogle Analytics管理画面から設定します。

 

まずは自分自身のIPアドレスを知る

あとで利用するので、まずはIPアドレスを知ろう。

 

「IPアドレス 確認」で検索すれば、IPアドレス確認ツールなど提供されています。

あえてツール等の紹介は控えておきますが、すぐにわかりますのでメモっておいてください。

 

Google Analytics管理画面から自分のアクセスを除外する設定方法

あとはGoogle Analyticsの管理画面にて設定するだけです。

 

ログイン後、画面左下の赤枠「歯車マーク」をクリック

6i9poppa BLOG

 

その後「フィルタ」をクリック

6i9poppa BLOG

 

「フィルタを追加」をクリック

6i9poppa BLOG

 

「ビューにフィルタを追加」にて各項目に入力

6i9poppa BLOG

 

6i9poppa BLOG

今回は特定のIPアドレスを除外するので、

  1. 「新しいフィルタを作成」を選択
  2. 「フィルタ名」は任意の名称でOK
  3. フィルタの種類は「定義済み」
  4. 「除外」・「IPアドレスからのトラフィック」・「等しい」を選択
  5. 先ほど調べておいた自身の「IPアドレス」を入力してください

最後に保存すれば設定は完了です。

とても簡単ですね!

 

IPアドレスを除外する方法だけでは不十分

設定しておいて今更ですが、IPアドレスをGoogle Analytics管理画面で除外するだけでは不十分です。

環境によりIPが変わることも多いですし、変わるごとに再設定するのも面倒ですしね。

 

次回は、ブラウザ側で自分のアクセスを除外して正しい数値をGoogle Analyticsで計測する方法・手順を紹介します。

Google Analyticsオプトアウト アドオンでデータ収集を無効化(自分のアクセスを除外)

Google Analyticsオプトアウト アドオンでデータ収集を無効化(自分のアクセスを除外)
前回は、Google Analyticsで自分のアクセスを除外できておらず、正確な数値がとれない場合の対処策として、Google Analytics管理画面からの設定から対応する方法をご紹介しましたが、環境によりIPが変わることも多く、Google Analyticsの管理画面でIPアドレスを除外するだけでは不十分。 今回は、各ブラウザでGoogle Analyticsのデータ収集を無効化(自分のアクセスを除外)する方法・手順をご紹介します。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました