無線LAN環境を大幅改善!「Wi-Fi中継器:tp-link」使えばルーターから遠い部屋まで電波が届く

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOGツール・サービス

先日、ルータを「多機能無線ルーター」へ変更してネット環境・速度が大幅改善されました。

eo光の多機能無線ルーターへ変更したらwi-fi・ネット環境が大幅改善された話

eo光の多機能無線ルーターへ変更したらwi-fi・ネット環境が大幅改善された話
結論、「eo光多機能ルーター」に変更して良かったことしかなかったです。1,衛生面・見た目がスッキリ 2,通信速度アップ 3,安い料金で利用可能 4,電気・ガスを関西電力グループで1つに! 5,設定も簡単 関西圏にお住まいでeo光ネット契約をされている方、または関西電力・大阪ガス含め契約を安くひとまとめにしたい方はオススメですね。

とブログでも紹介していましたが、Wi-Fi電波が届く範囲であれば非常に快適なPC生活となりました。

 

しかし、唯一ひとりになれる部屋が無線ルーターから一番離れていて、しかも部屋の隅での作業することが多いので、どうしても電波が悪くなりがち。

我が家のレイアウト・壁が厚い事情もあって、通信速度が遅くてもしょうがないかなと思っていましたが、正直とてもストレスを感じていました。

 

何か無線ルーターから離れた場所でも無線LAN・Wi-Fiの電波が届くような解決方法がないかと、ずっと調べていましたが簡単に解決しましたよ!

ワイヤレスエクステンダー(無線LAN中継器)とも呼ばれる

Wi-Fi中継器」を利用すると無線LANの電波を部屋の隅々まで行き届かせることができます。

 

無線LAN環境を大幅改善!「Wi-Fi中継器:tp-link」使えばルーターから遠い部屋まで電波が届く

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Wi-Fi中継器」とは

Wi-Fi中継器の存在を知らない方も多いと思います。

まずは、「Wi-Fi中継器」や「無線LAN中継器」というものはどういったものなのでしょうか。

 

Wi-Fi中継器とは、親機の無線LANルーターからの電波を離れた場所にあるPC・タブレット・スマートフォンなどデバイス(子機)へ中継してくれる機器のことを指します。

6i9poppa BLOG

※上記は私が購入したtp-linkの最新機種RE505Xのパッケージ

 

親機の無線LANルーターの電波範囲は限られているので、中間地点にWi-Fi中継器を設置することで無線LAN・Wi-Fiの電波範囲を広げる効果があります。

価格はそれほど高くなく、簡単にこれまでの無線LAN環境へ加えることが可能なため、一般家庭のWi-Fi環境改善にも大きな効果がでます。

※逆に、親機(無線LANルーター)で通信速度・範囲で満足されているのであれば、無線LAN中継器を導入する意味がありません。

 

Wi-Fi中継器の導入メリット

Wi-Fi中継器を導入するメリットはたくさんあります。

せっかくの無線LAN・Wi-Fi電波を有効活用するには「Wi-Fi中継機」の導入を検討されてはいかがでしょうか。

 

Wi-Fi中継器無線LAN中継器の導入メリット


  • Wi-Fi(無線LAN)の範囲拡張…敷地が広い・複数階ある・壁が厚い等の住宅で電波が届かない場合
  • 通信速度を保って電波範囲を広げる…親機(無線LANルーター)の通信規格に合わせた中継器を選択する
  • 電波範囲内の色々な場所でデバイスを複数台利用しても快適…機種によってデュアルバンド接続可
  • 簡単設定で容易に導入できる…WPSワンボタン接続やスマートフォンのアプリ提供等、設定は簡単
  • コンセントさえあれば設置可能場所をとりませんがサイズを確認の上購入してください
  • 様々なルーターに対応…どんなルーターにも対応している機種がほとんど

家の間取り・機能・サイズ・価格等を考慮して、購入しましょう。

特に親機(ルーター)の通信規格に合わせた商品を選ぶのがコツですね!

 

Wi-Fi・無線LANをより広い範囲で利用できる

Wi-Fi中継機」を導入する一番のメリットはコレしかないでしょう!

通常では、無線LANルーター周辺の電波のみですが、ルーターからの電波をより広い範囲に飛ばすようにせるように中継器で電波中継します。

 

Wi-Fi中継器を導入することでネット環境は大幅改善します。

特に、敷地が広い・複数階ある・壁が厚い等の住宅で電波が届かない方は導入すべきですね!

 

通信速度を落とすことなく電波範囲を拡張

親機(無線LANルーター)の通信規格に合わせた中継器を選択することが重要ですが、環境に合った中継器を導入することで通信速度をあまり落とすことなく、Wi-Fi範囲を拡張することができます。

 

多機能であっても利用しない機能であれば、他の商品で良いです。

商品レビューなどを確認して、自身の環境に合った商品を選択しましょう。

 

簡単設定ですぐに使える

ルーター自体を変更することによって、Wi-Fiの通信範囲・速度を向上させることができますが、通信速度に問題なければ「Wi-Fi中継器」導入で解決できるかもしれません。

 

Wi-Fi中継器」導入は非常に簡単です。

6i9poppa BLOG

 

ルーター側でWPS接続可能であれば、WPSボタンを押すことでワンボタンで接続可能。

スマートフォンのアプリ提供されている機種もある(tp-linkの場合はTP-Link Tetherというアプリ)ので、詳しくない方でも導入しやすいようにされています。

6i9poppa BLOG

説明書もシンプルな内容ですが、アプリで設定すれば説明書もいらないくらい設定は簡単です。

 

コンセントがあれば設置可能

Wi-Fi中継器」は、コンセントがあれば設置できます。

小型な機種・シンプルなデザインのものが多いので、物理的にも視覚的にも邪魔になりません。

6i9poppa BLOG

注意しなければならないのは、商品によっては他のコンセントを塞いでしまうものもあるので、コンセント周辺のサイズ等を確認してから購入するようにしてください。

※上記画像の私が購入したtp-linkの最新機種RE505Xだと、2箇所挿せるコンセントの上部コンセントに挿しましたが、下部コンセントは普通に使えました。

 

家電量販店でオススメ「Wi-Fi中継器」を聞いてきた

どのメーカー・機種が良いのかわからない時は、家電量販店の店員さんに聞いた方が早い!

ということで、「メーカー・価格等はオススメ条件にはいれない」前提で、◯ドバシカメラの店員さんに聞いてきました。

結論、「Wi-Fi中継器」は無線ルーターのオススメ順とは異なる結果だった。

 

■家電量販店の店員さんオススメ「Wi-Fi中継器


Wi-Fi中継器」のオススメは、「tp-link」と「NETGEAR」という結果に!

6i9poppa BLOG

※意外と「BUFFALOバッファローではないようですね!

 

偶然ではないでしょうが、オススメ順は商品ディスプレイにすべて表れていました。


 

私が購入した「Wi-Fi中継器」はtp-linkだ!

私が購入した「Wi-Fi中継器」は、tp-linkの最新機種のRE505Xです。

6i9poppa BLOG

 

一番の注目は、最新規格のWi-Fi 6に対応している点です。

従来のWi-Fi規格(11ac/n/g/a/b)との互換性を保ちつつ、Wi-Fi 6のスピードと安定性を広範囲で楽しめます。

6i9poppa BLOG

実際の使用感としては、確実にWi-Fiの範囲が広がっていて、体感でもルーターの近くと通信速度は変わらなかったので大満足。

ストレスを感じるほど繋がりにくかった場所でも快適に繋がるようになりました!

 

6i9poppa BLOG

tp-linkRE505Xであれば設定も簡単で、商品到着から15分もあれば使用可能です。

 

「tp-link」RE505Xの開封・設定・使用開始までの流れ

私が購入した「Wi-Fi中継器」のtp-linkの最新機種RE505Xだと、開封から使用開始まで15分もあれば余裕でした。

開封・設定・使用開始までの流れは以下の通り。


  1. 開封後、コンセントにtp-link RE505X本体を挿すと電源が入ります。
  2. 設定方法は複数ありますが、どれの方法でも簡単です。tp-linkのスマフォアプリ「TP-Link Tether」は便利で今後も利用できるので今回はアプリを使用して設定しました。「TP-Link Tether」アプリをスマフォにインストールします。
  3. メールアドレスを登録後にパスワードを設定します。
  4. アプリにてWi-Fiを検知後、ルーター(親機)のSSID・暗号化キーを設定します。
  5. 中継器のWi-Fiマークのランプが点灯すれば完了です。
  6. 各デバイスでWi-Fi設定すれば利用開始

 

リモートワーク等で自宅などでの環境整備に注目される中、Wi-Fi中継器」を選ぶ際には、ルーターの性能を落とさないようルーター・中継器の規格を確認の上、購入するようにしましょう!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました