更新通知は Twitter・PostPrime で配信中

AppleユーザーがAirPodsではなくAnkerのワイヤレスイヤホンを買った理由

6i9poppa BLOGAppleアクセサリ・グッズ

Appleユーザーの私。

これまで、MacBook・iPhone・iPad・Apple Watch・HomePod・Magic Keyboard・Magic Mouse・Magic Trackpad等を使ってきていますが、やっぱりAppleデバイス大好き。

Apple関連
「Apple関連」の記事一覧です。
Appleアクセサリ・グッズ
「Appleアクセサリ・グッズ」の記事一覧です。

 

そのApple製品の中で、音楽関連といえば「AirPods」や「HomePod」ですよね。

私自身もイヤホンを購入するなら迷いなく「AirPods」を選ぶものだと思っていました。

 

しかし、結果はまさかの「Anker」のワイヤレスイヤホンを購入。

今回は、Ankerのワイヤレスイヤホンを購入するに至った理由を紹介します。

 

AppleユーザーがAirPodsではなくAnkerのワイヤレスイヤホンを買った理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「価格・品質」でAnkerの一択

価格を全く考慮しないAppleユーザーならやっぱり「AirPods Pro」を購入しますよね。

同じApple製品なのだから、他のAppleデバイスとの接続はストレスフリーだし「AirPods」の品質は最高ですしね。

 

だけど、AirPodsはあまりにも高すぎる。

AirPods Pro」にAppleCare含めるとワイヤレスイヤホンに3万円オーバーは高価すぎるでしょ。

 

いくら他のApple製品との連携が良くて、ノイキャン(ノイズキャンセリング機能)があってもイヤホンだけにこの金額はだせないなーって人多いと思います。

正直、Apple信者や見た目重視で「AirPods」を購入された方が大半ではないでしょうか。

 

ココで言う「価格・品質」でAnkerの一択というのは、価格と品質ともに「AirPods」より「Ankerのワイヤレスイヤホン」のほうが優れているということではなく、価格に対してそこまでの品質が伴っているのか。

つまり、コストパフォーマンスは「Ankerのワイヤレスイヤホン」のほうが断然優れているということ。

 

「AirPods」を推す理由がない

やっぱり「AirPods」は良い商品ですよ。それは重々承知しています。

しかし、いかに「AirPods」のメリットをズラズラと書いているサイト・ブログでも

  • 他のApple製品との連携
  • ノイズキャンセリング機能
  • Siriとの連携
  • 見た目
  • アクセサリーの充実度

と「AirPods」を推している理由は上記ぐらいにまとまります。

 

これだけの為に高価な「AirPods」を購入しないで良いんじゃないという方も実は多い。

 

価格だけでなく「品質」でもAnkerを選択した理由

こういった理由もあって、私は「価格・品質」でAnkerの一択(コストパフォーマンス最強)となった訳です。

 

これだけ書いてもまだ疑問をもたれている方も多いと思います。

多くの方は「価格」では、 AirPods < Anker なのは理解している。

しかし、「品質」に関しては、 AirPods > Anker だというのは大きな差ではないか?ということ。

 

ここで私が言いたい「品質」は、ワイヤレスイヤホンに求める機能・品質に対してAnker製品で充分満足できるのではないかという意味。

正直、各機能ごとに焦点を当てると同等かAnker製品のほうが優れている点が多い。

 

今回、Appleユーザーの私は迷うことなくすべてのデバイスをApple製品で揃える気マンマンでした。

しかし、Ankerのワイヤレスイヤホンの「Anker Soundcore Life P2」に出会ったことで、そのコストパフォーマンスと性能に驚き、ワイヤレスイヤホンに対する考え方を変えるきっかけとなりました。

 

Anker Soundcore Life P2

今回、私が購入したのは「Anker Soundcore Life P2

みなさんご存知、Ankerワイヤレスイヤホンの中でもベスト・オブ・コスパと呼ばれている商品ですね。

 

試してみて、冗談抜きでびっくりしました。

  • ノイズキャンセリング機能がなくても適度な密閉感
  • 音質(リモートワークにも対応可能な音声通話・サウンド)
  • バッテリー(最大40時間の音楽再生)
  • IPX7防水規格(運動・天候への対応)
  • イヤホンでの操作
  • Siri対応

この品質なのにこの価格。

求めている機能がすべて想像以上でした。Ankerスゴいですよ。

 

細かいことですが、イヤーチップが5サイズもあるのは嬉しいですね。

6i9poppa BLOG

 

説明書もいらずで、ほぼ感覚で使用するところまで進められますので簡単ですよ。

6i9poppa BLOG

 

バッテリー接続部分の白い保護シールをとって、いきなりBluetoothで接続することもできます。

6i9poppa BLOG

 

あと、バッテリーの持ちがすごい!

イヤホン本体がフル充電で最大7時間、付属の充電ケースを使って最大40時間の音楽再生が可能。

6i9poppa BLOG

 

当然、左右両方のイヤホンでボタン操作できるし、片耳だけでの再生も可能です。

6i9poppa BLOG

サウンド・通話ともにクリアに使用できるので、リモートワークや通勤・通学、学習でも利用できるのは嬉しいですね。

 

Appleデバイスとの相性も良く、Siriにもイヤホン側の操作だけで使用できますよ。

しかも、私が嬉しいのはIPX7防水規格に対応しているので、トレーニングや気候関係なく思いっきり使えちゃうのが最高ですね。

低価格なので盗難・紛失したとしても最悪あきらめがつくのがAnkerの一番のメリットかなw

 

AnkerワイヤレスイヤホンとAppleデバイスとの接続

「AirPods」をオススメする多くのサイトでは、他のApple製品との連携・接続メリットが書かれています。

 

正直、AnkerワイヤレスイヤホンとMacBook・iPhone等の連携は全く不具合を感じません。

ケースからイヤホンを出せば自動で連携しますしね!

たしかにMacBook・iPhoneなどへのBluetoothのペアリング(接続)切り替え時は少し面倒かなとは思いますが、頻繁にデバイスを切り替える必要のある方以外は全く問題ないですね。

 

他のモデルとは異なり、入門モデルの「Anker Soundcore Life P2」にはノイズキャンセリング機能はないが、イヤーチップを5サイズから選べることで密閉力があり、外部の音が入りにくく集中できます。

作業中・移動中でも外の音が全く聞こえないとコワイ私にとって最適な環境をつくることができます。

 

Anker イヤホン・ヘッドホン一覧

幅広い価格帯から選択できるAnker製品は欲しい機能から選ぶことができるのが大きなメリットです。

しかも価格が安いからといってクオリティが低いわけでないので、Ankerは最強のコストパフォーマンスを誇るデバイスだと思います。

 

「Anker ワイヤレスイヤホン・ヘッドホン一覧」

Anker Soundcore Life P3 ※ノイズキャンセリング搭載

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro ※ノイズキャンセリング搭載

Anker Soundcore Life P2 ※コスパ最高モデル

 

Anker Soundcore Life A2 NC ※ノイズキャンセリング搭載

Anker Soundcore Liberty Neo 2 ※コスパ最高モデル

 

Anker Soundcore Life NC ※ノイズキャンセリング搭載

Soundcore Life U2 ※落下・紛失・破損が多い方にオススメ

 

Anker Soundcore Life Q30 ※ノイズキャンセリング搭載

Anker Soundcore Life Q35 ※ノイズキャンセリング搭載

Anker Soundcore Life Q20 ※ノイズキャンセリング搭載

 

Anker製品を購入するにはAmazonがオススメ

ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンだけでなくAnker製品全般に言えることですが、Anker製品はAmazonのセールイベントで購入しましょう。

今回購入した「Anker Soundcore Life P2」もAmazonセールで購入して安くゲットできました。

 

あともう一点重要なのが「Amazonギフト券」でチャージしてから商品を購入しなきゃダメですよ!

現金派の方でもチャージすることで最大2.5%のポイントが獲得でき、商品購入時もチャージ分から購入することができるので「Amazonギフト券」でチャージしないのはもったいない!

 

私が次に欲しいのはヘッドホンタイプのAnker Soundcore Life Q30ですね。

耳を包んで聴いてみたいなぁ。次のAmazonセールが待ちきれない!

 

コメント

スポンサーリンク