お名前.comから「エックスサーバー」へのドメイン移管方法とお得キャンペーン情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOGツール・サービス

以前のブログにも書きましたが、ドメイン取得に失敗しているんですよ。

WordPressでのレンタルサーバーをXSERVER(エックスサーバー)に決めた理由

WordPressでのレンタルサーバーをXSERVER(エックスサーバー)に決めた理由
私は、ブログ運営をWordPress(ワードプレス)で再開するにあたり、レンタルサーバーはエックスサーバー(XSERVER)で即決しました。各社レンタルサーバーをご紹介しつつ、最終的にエックスサーバーに決めた理由をご紹介します。今ならお得なキャンペーン実施中ですよ!

 

エックスサーバーでのドメイン無料取得キャンペーンを先に知っていれば良かったのですが、私の場合、先にお名前.comでドメインを取得してからレンタルサーバの契約をしてしまったので、面倒なことになりました。

 

 

お名前.comから「エックスサーバー」へのドメイン移管方法と「お得キャンペーン情報」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、エックスサーバーのお得なキャンペーン内容

エックスサーバーのキャンペーンは、ユーザーにとってすごく嬉しい内容ですね。

6i9poppa BLOG

新規でレンタルサーバー契約すれば、1ドメインに限り、ドメイン取得・更新も無料。

しかも、新規取得だけでなくドメイン移管もキャンペーンの対象!

 

ただ、お名前.com側でドメイン取得から60日経過後でないと移管できない等制限があったので、移管自体は今回のこのタイミングとなったわけです。

 

2、お名前.comからエックスサーバーへドメイン移管する理由

ドメイン移管も面倒なのでお名前.comのままでも良かったのですが、

  • ドメイン更新費用が無料
  • ドメイン管理もサーバーと同じ会社のほうが何かと便利
  • お名前.comからの営業案内メールが少し多いかな(※安いドメイン・未加入オプション機能の案内)
  • お名前.comではWhois情報公開代行がオプション

ドメインの詳細情報で「登録者情報」、「管理担当者情報」、「経理担当者情報」などのカテゴリーに記載されている情報が何もしなければすべてオープンになっている為、Whois情報公開代行オプションを設定することでGMOの情報でマスクされる。

 

上記理由があって、面倒だったのですがエックスサーバーへのドメイン移管を決心しました。

 

3、事前確認

  • ドメインの期限がすでに切れていないか
  • ドメインの期限が7日間ほど猶予があるか。7日間のうちに期限が切れないか
  • ドメイン移管元でドメイン取得・登録してから60日以上経過しているか

せっかくドメイン移管申請等を進めていっても、上記理由で移管ができない場合があります。

事前に必ず確認をしてください。

 

4、お名前.comで事前確認・対応すべき内容

1、ドメイン移管ロックされているかの確認

まずはお名前.comのドメインNaviにログイン

「ドメイン設定」の「ドメイン移管ロック」をクリック

6i9poppa BLOG

 

「状態」が「未設定」であればOK、ロック設定されていれば解除する

6i9poppa BLOG

 

2、Whois情報公開代行の解除

Whois情報内の連絡先(メールアドレス)を利用してドメイン移管手続きを進めるので、このWhois情報公開代行の解除は必須。

6i9poppa BLOG

 

「ドメイン一覧」から該当ドメインの「Whois情報公開代行」を「解除する」をクリック

6i9poppa BLOG

 

解除処理の手続きが完了したら、お名前.comから「Whois情報公開代行 完了通知」とメールが送られてきます。

6i9poppa BLOG

 

3、Whois情報のドメイン登録者連絡先(メールアドレス)を確認

Whois情報内の連絡先(メールアドレス)を利用してドメイン移管手続きを進めるので、利用できるメールアドレスか確認する。

ドメイン一覧から該当ドメインのWhois情報内のドメイン登録者情報連絡先(メールアドレス)を確認

6i9poppa BLOG

 

「登録者情報」、「管理担当者情報」、「経理担当者情報」それぞれのメールアドレスが使用可能か。

修正が必要であれば対応してください。

6i9poppa BLOG

 

4、AuthCode(認証コード)をメモしておく

ドメイン詳細情報のAuthCodeの「表示させる」をクリックし、メモしておきます。

これは後に利用しますので、忘れないように。

6i9poppa BLOG

 

5、移行先の【エックスサーバー】でのドメイン移管手続き

1、キャンペーン申請をする

エックスサーバーの「インフォパネル」にログインし、「各種お手続き」の「キャンペーンドメイン」をクリック

6i9poppa BLOG

キャンペーンドメインの各項目を確認・入力をし、適用方法は間違えずに「移管申請」とし「ドメイン検索」をクリック

 

その後、「キャンペーン申請」をクリック

※申請後のキャンセル・変更はできないので、間違いなく入力してください。

6i9poppa BLOG

 

2、ドメイン移管申請

インフォパネルの「ご契約一覧」内の「ドメイン」から「移管申請」をクリック

6i9poppa BLOG

 

ドメイン移管申請にて、先程メモをしたAuthCode(認証鍵)を入力し「移管申請を行う(確認)」をクリック

6i9poppa BLOG

 

その後、引き続き「移管申請を行う(確定)」をクリック

6i9poppa BLOG

その後、エックスドメインから「【Xdomain】ドメイン移管申請のお知らせ」というメールが送られてきますので、メール内の移管申請手続きについて部分も参考にしてください。

 

3、ドメイン移管の承認

移管申請後、数時間の後に「トランスファー申請に関するご案内」と移管申請の関連メールが届きますので、メール内のURLから「移管承認(確定)」をクリックし、エックスサーバー側の手続きは完了となります。

6i9poppa BLOG

 

6、移管元の【お名前.com】でドメイン移管の承認をする

トランスファー(移管)申請に関する確認の連絡メールが「【重要】トランスファー申請に関する確認のご連絡」として届きますので、メール内URLをクリック

 

問題なければ「承認する」をクリック

6i9poppa BLOG

 

画面遷移しますので、その後「決定」ボタンをクリックすればお名前.com側の手続きも完了です。

6i9poppa BLOG

その後、「トランスファー申請承認のご連絡」としてお名前.comから、「ドメイン移管完了のお知らせ」とエックスサーバーからメールが届きましたらすべて完了となります。

 

最後にエックスサーバーの契約一覧にて「ドメイン」が確認できればOKです。

6i9poppa BLOG

 

事前準備をしっかりすれば全く問題なし!

私は、お名前.comエックスサーバーともに営業時間外の夜に移管作業をしたので、2社からの連絡が翌営業日になることがありましたが、基本的には時間はかかりません。

 

これで、ドメイン・レンタルサーバーともに「エックスサーバーとなりましたので、安心してブログ運営できます。ドメイン更新費用が無料になるのは嬉しいですね!

エックスサーバー

エックスドメイン

定期的にキャンペーン実施されていますので、まだ「エックスサーバー」「エックスドメイン」でない方は要チェック!オススメですよ!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました