初めて「Googleフォト」を使って驚いた・つまづいたこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOGツール・サービス

Googleフォト」便利ですね。

Google Photos
Google Photos is the home for all your photos and videos, automatically organized and easy to share.

 

よく言われるのは、無料で容量無制限に写真を保存できる点。

ただ、今回初めてGoogleフォトを利用して、便利は便利だけどつまづいた点を紹介します。

 

まずは、「Googleフォト」のメリット・デメリットをいうと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メリット

●無料・容量無制限に利用可能

●元の解像度で保存可能(15GBまで無料、以降有料)

●スマートフォン端末の容量を空けられる

●写真を一括で管理できる

●検索も容易

●アプリログインすれば1クリックでアップロード可能

 

デメリット

●容量無制限だけど、画像クオリティは低くなる(=圧縮される)

●元の解像度での保存には容量制限あり、膨大なすべての画像データを保存しようとなると課金せざるを得ない

●操作を謝るとスマートフォン内のデータを削除する

●なんでもかんでも自動でアップロードする

●共有設定を誤ると大変なことに

●Googleのサービス提供が終わると面倒

 

 

今回、私がGoogleフォトを利用しようと思ったきっかけは、スマートフォンの容量にも余裕があるし、

iTunesにてバックアップもとれているので、ただ単にPCでも手軽に確認でき、視覚的に一括管理できればと思い利用しました。

 

そこで、使いだしてみたものの自動的にアップロードしだし、

かつ、容量いっぱい(元の解像度での保存は容量制限あり)まで高画像で保存して、結局は課金しなければいけない状況となりました。


Google Oneにアップグレードすると容量追加可能

●100GB: \240/月

●200GB: \350/月

●2TB: \1,150/月

●10TB:\11,400/月

●20TB:\22,800/月

●30TB:\34,800/月


よく理解した上で利用すべきなのは私が悪いですが、課金はしたくないので、

改めて、Googleフォト内のデータを削除し、画質設定変更した上で再度アップロードする手間がかかりました。

Googleフォト→設定にて、元のサイズではなく「高画質」を選択。

 

あまりにも画像データが多かったので、削除・アップロードともに時間を要したのが面倒でしたね。

課金とGoogleなのでデータ収集が狙いなのでしょうが、わかりやすく記載すべきかなと感じたところです。

 

また、文言での表現もわかりにくい部分があり、誤ってiPhone内の画像データを削除(容量を空ける)するところでした。
こわい。こわい。

皆さん、便利なのですが気をつけて利用してくださいね。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました