【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年10月4日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG週次レポート

10月2日発表のADP雇用統計が弱く、今日の雇用統計発表も非農業部門雇用者数が市場予想を下回る可能性がある。

雇用統計の先行指標となるADP雇用統計とは何か?投資の基本を学ぶ!

雇用統計の先行指標となるADP雇用統計とは何か?投資の基本を学ぶ!
前回、アメリカの景気が全世界の経済に影響を与えるため、米国雇用統計が毎月注目されている。として、 “市場にも大きく影響する「米国雇用統計」とは何か?投資の基本を学ぶ!”を書きましたが、米労働省労働統計局(BLS)がアメリカの労働者雇用状況を調査した指標「米国雇用統計」の2営業日前に発表される「ADP雇用統計」を学びます。

米雇用統計を代表する重要な経済指標「NFP」(米国非農業部門雇用者数)投資の基本を学ぶ!

米雇用統計を代表する重要な経済指標「NFP」(米国非農業部門雇用者数)投資の基本を学ぶ!
毎月発表される経済指標のうち「米雇用統計」は、FRB(連邦準備制度理事会)が金融政策を決める上でも非常に重要視されています。 その中でもNFP(Non Farm Payroll)、つまり米国非農業部門雇用者数は「米雇用統計」の中でも重要な項目の一つと言われています。 今日は「NFP」(米国非農業部門雇用者数)とは何かを理解しましょう。

 

しかし、雇用統計が弱い結果であったとしても年内残り2回の利下げ検討機会でどうなるか。

利下げとなれば株式市場にとっては支援材料となる。

市場にも大きく影響する「米国雇用統計」とは何か?投資の基本を学ぶ!

市場にも大きく影響する「米国雇用統計」とは何か?投資の基本を学ぶ!
市場にも大きく影響する「雇用統計」今回は、自身の備忘録としても「雇用統計」に関してまとめておきます。結論から言うと投資されている方は、アメリカの雇用統計により注目する必要がありますね。私のようにアメリカ経済に関連する投資信託を運用している場合は特に注視する必要があります!詳細はコチラをご確認ください。

世界経済の先行きを左右する米国「利下げ」を考える!投資の基本を学ぶ!

世界経済の先行きを左右する米国「利下げ」を考える!投資の基本を学ぶ!
米国経済、しいては世界経済に大きな影響があるであろう米国の「利下げ」 「利下げ」するか、しないか。「利下げ」するにしてもどのくらいかという部分にフォーカスされている現状。 また、米連邦準備理事会(FRB)パウエル議長の発言により毎度株価に影響がでており、不安定な状態が続いていますね。 「利下げ」とは、どういったものでどういう影響があるものかを改めて考えてみましょう。

 

米国経済への先行き不安感が強まっている中、来週開催される米中通商協議への注目は自然と高まっていくのではないでしょうか。

6i9poppa BLOG

 

では、2019年10月4日のWealthNavi(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。

前回の2019年9月27日 週次運用実績レポートはコチラ

6i9poppa BLOG

先週と比べて-1.68%(-2,525円)と減少しています。

引き続き、米中貿易戦争をひきずっている感じですね。

 

6i9poppa BLOG

結果、米雇用統計は非農業部門雇用者数が市場予想を下回ったが、失業率が3.5%まで改善されたこと等要因があり続伸して始まったようですね。

 

6i9poppa BLOG

割合に変更ありません。

 

6i9poppa BLOG

今後もトランプ大統領の発言には要注意ですね。

 

また、米連邦準備制度理事会(FRB)高官らの講演が予定されている。

特にパウエルFRB議長が行うイベントでの発言が市場にも大きく影響しそうだ。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました