【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年5月29日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG週次レポート

今週は、やはり米・中関係の悪化が最大のトピックでしょう。

 

中国の全国人民代表大会(全人代)は、5月28日に閉幕。

今回の全人代での大きなニュースとしては、中国への反体制活動を厳しく取り締まる「国家安全法」を香港に導入する方針を採択して終わった。

 

それに対するトランプ米大統領は、5月29日に記者会見を行い「香港に認めてきた特別な地位剥奪」することを発言したことで市場も敏感に反応し乱高下したが、経済制裁など中国への具体的な対応がなかったこともあってか一進一退の展開となった。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、米経済指標も低調。

米中関係悪化への懸念もあって日本経済にも大きく影響がでてくるでしょうね。

 

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年5月29日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週の市場の主な動き

前回の週次レポートから「米中対立・関係悪化」は継続。

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年5月22日
新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いてきたことで、米・中は対立する余裕が生まれたということか。 5月22日開幕の全国人民代表大会(全人代)で、中国は香港に対して国家安全法を適用することを協議し、台湾介入も辞さない強硬姿勢に転じるという報道。 それを受けて、英国・オーストラリア・カナダも懸念を表明したように、米国のポンぺオ国務長官は中国の一方的な対応に対して撤回するよう要請。 当然ながら、米・中対立が深刻化する懸念から株価は下落、今後の世界経済への影響が心配されるところだ。

週間の失業保険申請件数が減少してきたり、全米の中でも新型コロナウイルスの被害が大きかったニューヨークも段階的な経済活動再開の第一段階を6月初旬に開始予定といった好材料も「米中対立」によって一気に株価下落に転じた。

 

NYダウ チャート(6ヶ月)

6i9poppa BLOG

米中の対立激化もある中、最近の株価上昇は行き過ぎている感が否めない。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、各国がロックダウン(都市封鎖)してきたが、ここ数週間で経済活動再開に向けて緩和されてきだしたこともあって、経済活動に対して楽観的な見方が強まってきています。

 

しかし、最近の株価は何を根拠に上昇しているのかがわからない。

国・投資家たちが株価上昇に期待しているのはわかりますが、実態に照らして行き過ぎている可能性が懸念されていることも忘れてはいけない。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績

2020年5月29日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次月次運用実績レポートを公開します。

前回の2020年5月22日 週次運用実績レポートはコチラ

6i9poppa BLOG

先週比:+2.62%(+6,611円)と大幅増

ついに、WealthNaviがプラス化。

 

3月6日の週次レポート以来のプラスですね。

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年3月6日

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年3月6日
3月4日の米株式市場は、スーパーチューズデーの結果を受け一旦持ち直したが、3月5日には再び大幅安。 主要3指数すべて下落。特に、NYダウの下げ幅は一時1000ドルを超えた。 「緊急利下げ」は市場の不安を煽り大失敗。 米連邦準備制度理事会(FRB)の一段の利下げ観測もかえって先行き不安を助長して売りが拡大・買いが縮小している様子ですね。 では、2020年3月6日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次月次運用実績レポートを公開します。

 

資産別損益

6i9poppa BLOG

現在の米国は、米中対立激化の国外の問題だけでなく、国内にも問題を抱えています。

新型コロナ関連でなく、警察の暴力(無抵抗にもかかわらず白人警官が黒人男性の首を膝で押さえつけ死亡)が発端となった暴動です。

 

このミネアポリスでの黒人男性(ジョージ・フロイドさん)が死亡した事件によって、抗議する数千人規模の暴動が発生。

この事件の前にも人種差別的な行動が報道されたこともあって過激化してきていると思いますが、人種的偏見の発言が多いトランプ大統領が今回の対応を誤ると今後の米経済、しいては世界経済に大きなインパクトをもたらすであろう。

 

資産別割合

6i9poppa BLOG

資産別割合の変更はありません。

WealthNaviは少額投資なので、リスク5からの変更はしません。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)の構成7銘柄

WealthNavi(ウェルスナビ)の構成7銘柄は「Googleファイナンス」で確認できます。

Googleファイナンスにて、下記構成7銘柄を検索後に銘柄を保存しておくことで次回から簡単に確認が可能です。

6i9poppa BLOG

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

 

まとめ

まさに今後直近の世界経済は米国しいてはトランプ米大統領の行動にかかっていると言っても過言ではない。

中国人の留学生・研究者・中国軍との関係者などのビザ取り消し、香港に対しての優遇措置見直し、米中貿易合意の撤回・追加関税など報道はあるが、具体的な対中制裁は現段階で不明。

 

中国が息がかかっているとされている世界保健機関(WHO)への支援打ち切りもあるように、米国が意識的に中国へ喧嘩を売っているようにも見えるが日本も見習うべき点は多い。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)を始めるには

好調だった米経済も新型コロナウイルスの感染拡大で世界が変わった。

今後、新型コロナウイルス収束後もどのように変化するか全く読めません状況なので、資産運用はリスクヘッジできる「長期・積立・分散」投資しましょう。

 

まずは、WealthNaviで「長期・積立・分散」投資するのも一つの方法です。

投資の格言「卵は1つの篭に盛るな」にもあるように、資産運用は分散投資が基本ですよ。


投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由

投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由
私がウェルスナビを導入する際に、最終的な決め手になったポイント9つをご紹介。

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法
投資の入門にオススメ!WealthNavi(ウェルスナビ)を始め方をご紹介します!いまや、ロボアドバイザーで預かり資産・運用者数No.1のWealthNavi(ウェルスナビ)ですが、事前準備をしっかりしておけば、全自動で世界レベルの資産運用がすぐに始められます!

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

 

▼「長期・積立・分散」投資が可能なWealthNavi(ウェルスナビ)を始めるには

WealthNavi

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました