楽天証券が推す米国株式・米国債券投資のレバレッジバランス・ファンド「USA360」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG投資信託

投資の選択肢として、最近よく耳にするようになってきているレバレッジ型バランスファンド。

ついに、楽天証券でも2019年11月5日から「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」(USA360)が運用を開始しました。

6i9poppa BLOG

 

米国の株式・債券に分散投資できる、米市場大好きな私にはもってこいの代物。

楽天証券も一時期すごく推していましたが、実力はいかに!?

 

楽天証券が推す米国株・米国債投資のレバレッジバランス・ファンド「USA360」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)とは

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)を簡単に言うと、米国株式・米国債券の2種類へ集中投資するシンプルな商品です。

 

大きな特徴としては、配分や先物取引を活用することで純資産の360%(3.6倍)相当額を運用することが可能です。

米市場への投資純資産360%相当額を運用できる点から「USA360」と言われています。

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンドの特徴

米国株式・米国債券への分散投資

・資産の90%を米国株式へ

・残り10%を先物取引(レバレッジ)を活用し270%まで引き上げ

資金配分を株式:1債券:3を維持しつつ、資産の360%で運用するのが楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)となります。

6i9poppa BLOG

 

米国株式部分は、大型株から小型株までを網羅した「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」(VTI)に投資。

「VTI」は好調な米国株式・投資信託でおさえておくべき投資先

「VTI」は好調な米国株式・投資信託でおさえておくべき投資先
ここ数日のトランプ・ショック、日中貿易戦争で米国株式市場・日本株式市場は大荒れ状態。しかし米国株式市場は絶好調、まだまだ強く信用できます。その中で米国株式市場をほぼ全て網羅する唯一無二のETFとして「VTI」ははずせない。米国ETF「VTI」、または投資信託「楽天・全米株式インデックス・ファンド」でのつみたて投資しても良いですね。「VTI」オススメです!

つまり米国株式全体に投資しているような感じ!

 

最大の特徴は「先物取引」を活用

純資産の360%相当額での運用が可能なのは、先物取引を活用することで270%を米国債券へ投資するからだ。

6i9poppa BLOG

3.6倍のレバレッジというのは、好調な米国株式にできるだけ多く配分しつつ、米国債券へも分散投資できるように効率的な運用を目指した結果となります。

 

スリーシックスティ運用(360運用)

先物取引(レバレッジ)を活用するということは、限られた資産でより高いリターンを得るためでもあります。

6i9poppa BLOG

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)が優れている点は、比較的長期・安定している米国債券に対して先物取引(レバレッジ)を活用しているところではないでしょうか。

 

(※注意)当然、市場は生き物なので、状況によっては360運用ができない場合があります。

6i9poppa BLOG

 

360運用シミュレーション

あくまでシミュレーションなので参考程度にしておきましょう。

スリーシックスティー運用と米国株式との比較

約2.5倍ものパフォーマンスとのこと。

実際の運用実績ではないので、後出しジャンケンみたいな数値ですが期待してしまいますね!

6i9poppa BLOG

 

【株式相場が上昇】スリーシックスティー運用と米国株式との比較

6i9poppa BLOG

 

【株式相場が横ばい】スリーシックスティー運用と米国株式との比較

6i9poppa BLOG

 

【株式相場が下落】スリーシックスティー運用と米国株式との比較

6i9poppa BLOG

 

スリーシックスティー運用と米国株式との比較まとめ

6i9poppa BLOG

 

まとめ

上記、「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」(USA360)の説明ですが、米国経済におんぶに抱っことなってもリスクが高いので、他の投資商品を活用しながらリスクヘッジしなければなりませんね!

 

楽天証券では、「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」(USA360)をつみたてNISAなどでも運用できますので、非課税投資枠をうまく活用してお得に運用していきましょう!

楽天証券

 

関連URL

NISA(ニーサ)とつみたてNISAの違いを簡単に知ろう!投資の基本を学ぶ!

NISA(ニーサ)とつみたてNISAの違いを簡単に知ろう!投資の基本を学ぶ!
今日の「投資の基本を学ぶ!」は、NISA(ニーサ)とつみたてNISAの違いを知ろうと題して学んでいきましょう。現在では国も「投資で得た利益に税金を課さないので積極的に投資運用してみない?」といったNISA(少額投資非課税制度)を積極的に薦めています。そこでNISA(ニーサ)とはよく聞くが、NISAとつみたてNISAの違いを簡単にまとめてみました。

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)をはじめる時の注意点

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)をはじめる時の注意点
ここ最近、つみたてNISA(積立NISA)・iDeCoが特に騒がれていますが、つみたてNISA(積立NISA)は運用利益が20年間非課税なので、せっかくなので使いたいですね!まずは、自分で体験しないとわからないですし、はじまらないです。つみたてNISA(積立NISA)をされる方へ注意点をお教えします。

楽天証券の毎日投資で楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ・楽天ポイントゲットする方法

楽天証券の毎日投資で楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ・楽天ポイントゲットする方法
楽天証券のつみたてNISAで投資を開始していますが、楽天証券だと投資への障壁がとても低くて良いですね!楽天ポイントを利用して100円から投資スタートできるので、非常に手軽・簡単に投資を行うことができます。私のように楽天証券で少額でも毎日つみたて投資、銀行引き落とし先を楽天銀行にして「楽天銀行ATM手数料の無料回数アップ」・「楽天ポイント獲得」でお得に投資をしましょう!

「VTI」は好調な米国株式・投資信託でおさえておくべき投資先

「VTI」は好調な米国株式・投資信託でおさえておくべき投資先
ここ数日のトランプ・ショック、日中貿易戦争で米国株式市場・日本株式市場は大荒れ状態。しかし米国株式市場は絶好調、まだまだ強く信用できます。その中で米国株式市場をほぼ全て網羅する唯一無二のETFとして「VTI」ははずせない。米国ETF「VTI」、または投資信託「楽天・全米株式インデックス・ファンド」でのつみたて投資しても良いですね。「VTI」オススメです!

「楽天証券」米国株式の最低取引手数料が「無料(0米ドル)」好調な米国株・ETF投資デビューに!

「楽天証券」米国株式の最低取引手数料が「無料(0米ドル)」好調な米国株・ETF投資デビューに!
楽天証券から嬉しいニュースがありました!2019年7月22日(月)米国現地約定分から米国株式の最低取引手数料が「無料(0米ドル)」になります! 前回、2019年7月5日に最低取引手数料を5米ドルから0.01米ドル(1セント)に引き下げられていましたが、「0米ドル(無料)」とすると短期間での変更となりました。 これを機に楽天証券で好調な米国株・ETF投資デビューしても良いですね!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました