【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年2月14日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG週次レポート

中国発の新型コロナウイルスの懸念が再燃も米経済の好調さで保っている感じ。

 

新型コロナウイルスに対する懸念が再燃して急落したが、その後は米経済指標が良好ということが市場を支えている状況。

よりインパクトのあるBad Newsがない限り、経済指標に応じて反応していく感じではないかと想像できる。

米市場は、週明け2月17日が休場のため3連休前の様子見・次の動向を待っている感じになりそうですね。

 

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年2月14日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週の市場の主な動き

前日までは過去最高値を更新してきたが、2月13日の市場は反落して主要3指数はすべて下落した。

 

新型コロナウイルスの先行きへの懸念ではあるかと思うが、米経済は好調なため反発するのではないか。

今後はインパクトあるニュースがない限り、このような状況が続くと思われる。

 

中国におけるコロナウイルス感染に世界経済の注目も集めているが、中国が発表した感染者の増加数は鈍化はしているものの依然として収束方向へと向かってはいない。

ネガティブなニュースばかりなので、そろろそポジティブなニュースが欲しいものだ。

 

NYダウ チャート(6ヶ月)

6i9poppa BLOG

1月米小売売上高が発表されたが全体は予想通り。

飲食・自動車・建材・ガソリンスタンドを除いたベースのコア売上高は前月と変わらずなため、市場の反応は大きなものではなかったようです。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績

2020年2月14日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次月次運用実績レポートを公開します。

前回の2020年2月7日 週次運用実績レポートはコチラ

6i9poppa BLOG

先週比:+0.46%(+1,007円)と微増。

このような状況でも年利14%をキープしているWealthNaviは素晴らしい。

 

資産別損益

6i9poppa BLOG

今週はあまり大きな動きはありませんが、引き続き新型コロナウイルスが気になるところ。

米経済が好調ということで世界経済も支えられているようですが、日本でも横浜のクルーズ船の件もあるので警戒は怠れないですね。

 

資産別割合

6i9poppa BLOG

資産別割合は、引き続き変更なしです。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)の構成7銘柄

▼ウェルスナビの構成7銘柄を確認するには、Googleファイナンスがオススメです!

Googleファイナンスにて、下記項目を検索して確認してみてください。

6i9poppa BLOG

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

 

まとめ

現状、新型コロナウイルスが落ち着く気配がありません。

また、最低でも18ヶ月はワクチン開発に時間が必要ということもあるので、まだまだ警戒は怠れない。

 

東京オリンピックへの影響も当然あるかと思います。

日本だけでなく、アジアしいては世界経済に影響のある新たなニュースには注視する必要がありますね。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)を始めるには

好調な米経済でもトランプの言動・対中・中東問題・新型コロナウイルスの動向によっては、どうなるかわかりません。

資産運用はリスクヘッジしながらすべきです。

まず初めは、ウェルスナビで「長期・積立・分散」投資してはいかがですか?

 

投資の格言「卵は1つの篭に盛るな」にもあるように、資産運用は分散投資が基本です。


投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由

投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由
私がウェルスナビを導入する際に、最終的な決め手になったポイント9つをご紹介。

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法
投資の入門にオススメ!WealthNavi(ウェルスナビ)を始め方をご紹介します!いまや、ロボアドバイザーで預かり資産・運用者数No.1のWealthNavi(ウェルスナビ)ですが、事前準備をしっかりしておけば、全自動で世界レベルの資産運用がすぐに始められます!

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

 

「長期・積立・分散」投資ができるWealthNavi(ウェルスナビ)をはじめるには▼

WealthNavi

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました