【月次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年4月

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOG月次レポート

2020年3月から引き続き、4月も新型コロナウイルスの影響から世界経済は低迷。

 

米経済しても主要経済指数にも表れているように低迷している。

雇用統計でも、非農業部門雇用者数の減少・失業率が急上昇し、新規失業保険申請件数も記録的な数値となった。

4月月初から都市封鎖(ロックダウン)しているため、3月以上に経済指標は悪化するのは当然であろう。

 

【月次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年4月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今月の市場の主な動き

新型コロナウイルス感染拡大があり、3月中旬以降から米主要都市では外出禁止令が発令されたまま、4月末時点でも継続されている。

 

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年4月17日

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年4月17日
2020年4月16日の米株式市場では、トランプ米大統領が新型コロナウイルス感染者が少ないエリアから経済活動を再開する方針を取引終了後に発表をしたことで、NYダウ先物が大幅高(=一時的に900ドルを超える上げ)となったことで日経平均も急上昇した。 また、新型コロナウイルス関連でも米ギリアドサイエンシズによる抗ウイルス薬「レムデシビル」の新型コロナウイルス患者に対する治験結果が有効であるものだという報道も株価上昇の要因となったようです。

でも書いたように、3月16日には3段階で経済活動再開に向けた指針を発表。

エリアごとに段階的な経済活動の再開を予定している。

 

日本と異なり米政府の動きはとても早い。

経済対策・インフラ投資などに資金を投下(投下決定も迅速)することで、経済への影響を最小限かつ回復期間をいかに最短とするかを国を上げて対応している。

 

反対に、日本に関しては4月7日に7都府県に緊急事態宣言を発令。

4月16日には、7都府県だった対象地域を全国に拡大し期間を5月6日とした。

また、日本政府は新型コロナの影響で収入が急減した家庭への30万円給付を予定していたが、基準設定が現実と解離している指摘もあって所得制限なしの1人当たり10万円の給付へと急な方針転換。

給付時期も遅く、日銀は国債購入の上限撤廃など政策の危うさを露呈しています。

 

日本は場当たり的な印象しかなく、判断・実行も遅いため被害拡大したと言っても過言ではない。

日本の国民性・医療従事者の方々の努力がなければ、この状況ではおさまってなかっただろう。

 

ただ、このような状況を招いたのは国民の責任だと改めて認識した。

国民の代表(政治家)を決めた、投票率が低かったのは私達自身。

次回からの投票は各人が責任持って投票所に行くべきだし、考えを改める良い機会となった。

 

NYダウ チャート(6ヶ月)

6i9poppa BLOG

4月は大幅反発したと言っても過言ではないでしょう。

新型コロナウイルス関連報道の影響も大きく、原油価格の急落等で良いニュースの方が珍しい状態ではあったが、やはり米政府の迅速な経済対策を打ち出したことで市場に結果的には好影響をもたらした。

米連邦準備理事会(FRB)による大規模な追加緩和策もあって、結果的には4月末にかけて株価は底堅く推移。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績

2020年4月の「WealthNavi」(ウェルスナビ)月次運用実績レポートを公開します。

前回の2020年3月 月次運用実績レポートはコチラ

6i9poppa BLOG

先月比:+7.48%(+17,955円)と大幅増。

徐々に回復傾向ではあるかと思いますが、まだまだ油断はできない状況ですね。

私は、地道に「長期・積立・分散」投資を進めていきます。

 

資産別損益

6i9poppa BLOG

こんな時の金(ゴールド)は強いですね。

株価暴落などの有事には安全資産の「金」(ゴールド)投資するなら金ETFがオススメ

株価暴落などの有事には安全資産の「金」(ゴールド)投資するなら金ETFがオススメ
有事の時には「金」(ゴールド)というように、 新型コロナウイルスからの株価暴落など市場が荒れている時などには「金」(ゴールド)が投資先として選ばれます。 事実、最近の「金」価格は上昇し続け、2020年4月14日の報道にもあったように金価格は40年ぶりの高騰。 ※6,582円/gを記録した後も変わらずの高値のまま 今回は、そんな有事の時には「金」(ゴールド)について書いていきたいと思います。

 

4月の欧州株も反発しましたね。

世界的な原油価格の急落の影響を受け伸び悩む場面もありましたが、ヨーロッパでの新型コロナウイルスの新規感染者数の増加ペースの鈍化によるロックダウンの一部解除もあって反発。

英国ジョンソン首相も無事でなにより。

 

資産別割合

6i9poppa BLOG

資産別割合の変更はありません。

少額投資のWealthNaviは、わざわざ設定変更しません。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)の構成7銘柄

WealthNaviの構成7銘柄は「Googleファイナンス」で確認・保存が可能です。

6i9poppa BLOG

 

構成7銘柄は、下記URLで確認できますよ!

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

 

まとめ

日本市場では、日本国内での感染拡大・非常事態宣言による景気悪化への懸念・原油価格急落などもあって伸び悩みましたが、4月末には米経済活動の再開・新型コロナウイルスの治療薬への期待もあって日経平均は2万円台に乗せた。

 

しかし、現日本政府の対応だと日経平均を2万円台で維持できないでしょうね。

企業・個人への金銭面での支援は時間がかかりすぎていますし、その間に資金力のない自治体もどうすることもできない。

緊急事態宣言も1カ月程度延長するしかないだろうし、対応が後手に回っている段階で一分一秒ごとに「死者」がでているのがわからないのだろうか。

「一般庶民の感覚がない政治家では国民の現状を理解できない」だけでは済ませられないですよ。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)を始めるには

好調だった米経済も新型コロナウイルスで一瞬にして状況が一変しました。

徐々に回復傾向にはなってきていますが、今後もトランプの言動・対中・中東問題・災害等が起きるとどうなるかわかりません。

 

リスクヘッジしながら資産運用しましょう!

まずは、ウェルスナビで「長期・積立・分散」投資してはいかがですか?

 

投資の格言「卵は1つの篭に盛るな」とあるように、資産運用は分散投資が基本です。


投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由

投資先にWealthNavi(ウェルスナビ)を選んだ9つの理由
私がウェルスナビを導入する際に、最終的な決め手になったポイント9つをご紹介。

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法

ロボアドバイザー全自動投資「WealthNavi」ウェルスナビをはじめる方法
投資の入門にオススメ!WealthNavi(ウェルスナビ)を始め方をご紹介します!いまや、ロボアドバイザーで預かり資産・運用者数No.1のWealthNavi(ウェルスナビ)ですが、事前準備をしっかりしておけば、全自動で世界レベルの資産運用がすぐに始められます!

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」

ウェルスナビ(WealthNavi)7銘柄の現状を確認する方法「Googleファイナンス」
ウェルスナビの7つの運用先(銘柄)を「Googleファイナンス」のウォッチリストに登録してしまえば各銘柄の確認ができます。

「長期・積立・分散」投資ができるWealthNavi(ウェルスナビ)をはじめるには▼

WealthNavi

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました