Instagram(インスタグラム)で複数のアカウントを作成する方法・アカウントの切り替え方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6i9poppa BLOGツール・サービス

米フェイスブック傘下のInstagram(インスタグラム)は、2018年11月時点で日本国内の月間利用者数(MAU)が2900万人を突破。

1年間で900万人増加したことになるが、世界では月間利用者数10億人以上とされ、ストーリーズ機能の人気が高まっている。

6i9poppa BLOG

Instagram社について
Instagramがどのように誕生し、人と人とのつながりを生み出してきたかをご紹介します。Instagramの創立者と経営陣について書かれたInstagramの会社沿革をご覧ください。

 

現状、利用者の年代別では、10~20代の利用者が多く人口比として10代では55%以上、20代では40%以上が利用している。

男女比としては、約60%が女性と過半数を占めている。

 

また、Instagram(インスタグラム)では何をみているかというデータを見てみると

  1. 芸能人・スポーツ選手等の著名人
  2. 旅行・景色等
  3. 料理・レシピ
  4. 趣味関連
  5. 飲食店
  6. ファッション関連
  7. エンターテイメント

等、著名人(ファッション関連、エンターテイメントも含む)に関する内容に大きな興味があるいったデータがでています。

 

SNSなので、閲覧だけでなく自ら発信できるツールなので、当然これまで以上に伸びていくことを予想されます。

最近では、1人1アカウントだけではなく、目的別に複数アカウントを運用している人も多くでてきており、

複数アカウントをもつ理由としては、下記などがあげられる。

  • 個人・ビジネスの切り分け
  • 内容(テーマ・ジャンル)を混在させない
  • 同一テーマでまとめられる

 

 

ここでは、Instagram(インスタグラム)で複数アカウントを作成する方法・アカウントの切り替え方法をご紹介します。

※前提として、すでにインスタグラムをはじめていて、もう1アカウントを追加して運用したい場合とする

 

 

Instagram(インスタグラム)で複数アカウントを作成する方法・複数アカウントの切り替え方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事前準備

・新たなメールアドレス ※Gmail等で取得してください

・パスワード

 

複数アカウント作成方法

インスタグラムのプロフィール画面へ

「人型アイコン」をクリック

6i9poppa BLOG

 

画面右上のメニュー

三本線の「メニューアイコン」をクリック

6i9poppa BLOG

 

設定

すると画面がスライドするので、画面最下部の「設定」をクリック

6i9poppa BLOG

 

アカウントを追加

青文字の「アカウントを追加」をクリック

6i9poppa BLOG

 

新たに別アカウントを作成する場合

画面最下部の「アカウントを持っていない場合 登録はこちら」をクリック

6i9poppa BLOG

※すでにもう1アカウントを作成している場合は、作成したアカウント情報(メールアドレス等・パスワード)を入力し、ログインすればアカウント追加されます。

 

事前に作成したメールアドレスで新たに別アカウントを作成

「電話番号またはメールアドレスで登録」をクリック

6i9poppa BLOG

 

メールアドレスで登録

電話番号でなく、メールアドレスで登録する為「メールアドレスで登録」をクリック

6i9poppa BLOG

 

メールアドレスを入力

メールアドレスを入力し「次へ」をクリック

6i9poppa BLOG

 

アカウント追加完了

あとは流れに沿って進めると新たにアカウント作成・別アカウントを追加できます。

※プロフィール画面の最上部アカウント名をクリックし、最下部に現れる「アカウントを追加」からも別アカウントを追加可能です。

6i9poppa BLOG

 

複数アカウントの切り替え方法

Instagram(インスタグラム)の良い点は、複数アカウントを持っていてもスマートフォン1台・インスタグラムアプリ1つの中でアカウントの切り替えができる点ですね。

 

複数アカウントの切り替え方法は、「人型アイコン」をクリックしてプロフィール画面の最上部アカウント名から複数あるアカウントの中から選択し切り替えていただきます。

6i9poppa BLOG

※インスタグラムでは、一人当たり5つまでのアカウントが追加可能

 

私自身も目的の異なるInstagram(インスタグラム)アカウントを複数使い分けしていますが、タイムラインもすっきりテーマ別に運用できるのでオススメですよ!

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました