更新通知は Twitter・PostPrime で配信中

週次レポート

週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年2月14日

中国発の新型コロナウイルスの懸念が再燃も米経済の好調さで保っている感じ。 新型コロナウイルスに対する懸念が再燃して急落したが、その後は米経済指標が良好ということが市場を支えている状況。 よりインパクトのあるBad Newsがない限り、経済指標に応じて反応していく感じではないかと想像できる。 では、2020年2月14日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次月次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年2月7日

中国発の新型コロナウイルスの市場への影響は収まってきたのか。 2月6日の米株式市場でのNYダウでは4日続伸。 ナスダック総合指数・S&P500指数ともに過去最高値を更新。 新型肺炎への懸念がひとまず落ち着いたのか、中国政府による米国からの輸入750億ドル分に対する関税を半減とすると発表もあって、市場へと反映された形となった。 では、2020年2月7日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次月次運用実績レポートを公開します。
月次レポート

【月次・週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年1月

今週の市場は引き続き、中国の新型コロナウイルスばかりに振り回されていますね。 新型コロナウイルスによる肺炎は、中国から各国に飛び火していますが各国の努力とWHO(世界保健機関)の宣言により、収束に近づくとの見方もあってNYダウは28日から3日続伸。 しかし、春節明けの中国株式市場の再開・1月ISM(供給管理協会)製造業景況指数・1月雇用統計等の経済指標発表もあるので注視しなければなりません。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年1月24日

米中通商協議が落ち着いたと思ったら、次から次へと問題は起きるもので。。 中国の新型コロナウイルスの感染拡大。 中国政府が対策強化する方針を示した(当たり前。しかも遅い。)が、過去最高値圏にある主要3指数にも影響がでていますね。 では、2020年1月24日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年1月17日

トランプ米大統領が1月15日に対中貿易(米中通商協議)「第1段階」の合意文書にやっと署名! 米経済(世界経済)にも大きな影響を与えた米中貿易戦争も一旦の落ち着いたということでしょうか。 これでトランプも大統領選挙に集中できるか... では、2020年1月17日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年1月10日

先週は、中東情勢の緊迫化。 トランプ米大統領の指示でイラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害したことで、米国・イランが緊張関係に。 結果、投資家のリスク回避による株急落!波乱の年始(先週)から今週はどうなったか!? 2020年1月10日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2020年1月3日

今年初の取引となるニューヨーク株式市場では、ダウ平均株価は続伸スタート。 昨年末から引き続き、米中貿易協議などからの好印象から市場の期待感は継続しているかに見えました。 が、やはり年末年始は何か起こる!中東情勢の緊迫化を受けて急反落! 詳細は、2020年1月3日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートをご覧ください。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年12月27日

注目は、ダウ平均株価・ナスダック総合指数ともに史上最高値を更新した米株式市場の動向。 ナスダック総合指数は、史上初めて9000の大台に乗り、年末を前に米株高の勢いが止まらない。 2019年12月27日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年12月20日

2019年12月19日のNYダウでは137ドル高と反発。 ムニューシン米財務長官が米・中貿易協議の第1段階貿易合意は1月にも署名されると述べたこともあり、協議進展への期待が高まった結果もあってか過去最高値を更新した。 では、2019年12月20日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年12月13日

今日は2大ニュースが市場を席巻! 米・中が貿易協議の第1段階で合意と報じられることで、米国による対中追加関税が見送られる見通しとなった点。 英総選挙でジョンソン首相率いる与党「保守党」が圧勝した点。 それにより、銀行・証券・保険株で構成されるS&P500種金融株指数は、2007年2月の最高値を上回り過去最高値を更新。 では、2019年12月13日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年12月6日

朝方発表になった米雇用統計では、非農業部門雇用者数(NFP)が26.6万人増と予想外な内容となり、失業率も低下・平均時給も上昇と力強い雇用状況となったと言える。 景気を支える雇用が維持されていることからも投資家心理にも好影響があったのか、ダウ平均は300ドル超の上げ幅となった。 では、2019年12月6日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。
週次レポート

【週次レポート公開】WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績 2019年11月29日

今週は、米中通商協議進展への期待や香港区議会選挙で民主派が大勝利したことなどもあり、株高の動きとなった。 それに伴い、米主要3指数は最高値を更新。 トランプ米大統領が香港人権法に署名したことで米・中の対立もみられましたが、結果的には米中貿易交渉には大きな影響はなく市場への影響は最低限のものとなった。 では、2019年11月29日の「WealthNavi」(ウェルスナビ)週次運用実績レポートを公開します。